2019年12月4日水曜日

[258] Golden Ivy - Kläppen


Label: Malmö Inre

Catalog#: MI014
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Sweden
Released: 2019
DISCOGS

A1 Kläppen

A2 Kläppen II
A3 Natt & Dag
B1 Delta
B2 Baby Blues
B3 Kont

スウェーデン発ディスコ・レーベル〈Fasaan Recordings〉をPrins Emanuelとともに運営する、マルメ在住のプロデューサーIvar Lantz(イーヴァル・ランツ)のソロ・プロジェクトGolden Ivyのファースト・フルレングスLPが、同地の地下レーベルMalmö Inreからアナウンス。Jon Hassell「第四世界の鼓動」を自らの解釈で拡張させた前作「Monika EP」に続き、本作も自身が操るヴァイオリンとフルートをフィーチャー。アコースティック楽器の放つ繊細な音色に、Roedeliusを思わせる古ぼけた味わいのエレクトロニクス、民族的なエレメントを柔軟に織り交ぜ、スカンジナヴィアの森のスピリットを呼び起こすディープ・エスノを探求。ディスコ〜バレアリックという世界的潮流から自身の心の故郷に遡上してゆくようなフォークロア回帰志向は、Prins Emanuelのフォーク作「Diagonal Musik」にも通じます。今期もっともクワイエット・ヒップな傑作の予感。ヴァイナルのリリース予定日は12月20日。


On his previous album for Malmö Inre - Monika - Ivar Lantz promised us the width of the Scandinavian forests within reach. With this new album, again under the guise of Golden Ivy; a new chapter of that same tale is laid forth. Truly siblings born from the same creative flow, they both stand alone from Lantz’s previous musical endeavors and together to support each other. Kläppen is an epic mellow experience for both the body and the mind. An almost family friendly record for the home stereo system, and yet quietly but daringly explorative of the avant-garde terrain. While the title is identical to an actual place on the map, don’t let that fool you. The word itself is an old Swedish way of describing a hilltop, and can still be heard in local talk to this day. But in the context of this album, it is essentially an imagined place. And it’s important that we all have a place like this to go to. A place where our theta waves oscillate in the right rhythms. With his violin and flute, Lantz have found the right tools to harness these rhythms and carve them into sound waves, guiding us there. Kläppen is, alas, both the trip and the destination. Ouroboros! - Simon Eliasson


...



2019年12月2日月曜日

[257] Steve Roach - Quiet Music Series




「Quiet Music」は、1983年から1986年にかけて、スティーヴ・ローチが「静けさ」に主眼を置いて制作した楽曲のコレクションです。フルート、エレクトリック・ピアノ、自然音とミックスされたシンセサイザーのやわらかな音色が、呼吸のように流れ、リスナーを持続的で繊細かつ透明な大気で包み込みます。もともと1986年に〈Fortuna Records〉から3本のカセットテープでリリースされたものですが、今回完全なシリーズとして初めてヴァイナルでリイシューされます。1984年に「Structures From Silence」がリリースされた後、スティーヴはロサンゼルスにある瞑想ヨガとヒーリングアートの新興コミュニティから音楽制作の依頼を受けました。「1」は、緑豊かな森林地帯や、野生の花々、自然の静けさといったイメージをフィーチャーした瞑想用ビデオのために制作。しかし、楽曲が完成する頃にはプロデューサーは亡くなり、プロジェクトは完成しませんでした。「1」における明確な環境との直接的な結びつきは、シリーズ全体のトーンを決定づけています。「2」は、スティーヴが長い期間を過ごしてきた砂漠にインスパイアされたもので、「Structures From Silence」の発展形として制作。また、「3」のノクターン的感覚は、スティーヴの個人的なヒーリングの実践のためにデザインされました。これらシリーズは、しばしば直線的なタイムラインでリリースされたものと見られることがありますが、実際は「Now」「Traveler」「Empetus」のようなダイナミックなエレクトロニック・アルバムと並行して作られました。 80年代初期のスティーヴは、シーケンサー・パーカッションを駆使した活力的なサウンドから、無重力空間を漂流するような瞑想的なサウンドへと移行していったのでしょう。この方向性は、当時ロサンゼルスの都市で多忙なペースで生活を送っていたスティーヴの、音響的な意味では一つの場所に留まらず、クリエイティヴで微調整可能な空間で自分自身を養い、落ち着いた再生ゾーンを作りたいという欲求から必然的に生まれたものでした。

Quiet Music is a collection of pieces created by Steve Roach between 1983 and 1986 in respect for silence. The gentle electronics of Roach's synthesizers mix with flute, electric piano and nature sounds flow like breath, enveloping the listener in a sustained, delicate and translucent atmosphere. Quiet Music was originally released as a three tape cassette series in 1986 on Fortuna Records and is now being issued as a complete series on vinyl for the first time ever. After Structures From Silence was released, Steve was receiving invitations to create music for the emerging meditation yoga and healing arts community in Los Angeles. Quiet Music 1 was originally commissioned for a meditation video, which featured a collection of video images of lush forested areas, wild flowers and natural serenity. But by the time the piece was completed the producer passed away and the project was never completed. Quiet Music 1’s direct connection to a distinct environment set the tone for the trilogy of albums. Quiet Music 2 was inspired by Steve spending a lot of time in deserts and was created as a natural progression from Structures From Silence, and the more nocturnal feeling of Quiet Music 3 were pieces designed for Steve’s personal healing practices. The Quiet Music series was released in a timeline that is often seen as linear but this music was created directly along side the dynamic fully electronic albums like Now, Traveler, and Empetus. In the early 80’s Steve would be shifting between the invigorating sequencer-percussive driven music and then move directly into weightless drifts and contemplative spaces. This way of creating grew naturally out of a desire to not settle into one place sonically and to nourish himself with a space that could be creative and fine tuned, creating a calm and renewing zone while living within the hectic pace of urban life in Los Angeles. Quiet Music will be released as three single LPs on January 17th, 2020. 

2019年11月28日木曜日

[256] Colors Of The Land - Autumn Leaves


Label: Colors

Catalog#: -
Format: Digital, Album
Country: US
Released: 2014 (2005)

1 Amber Waves 3:50

2 A Winding Lane 3:45
3 In the Stillness 3:26
4 Dancing in the Moonlight 5:26
5 Silver and Gold 3:43
6 Secret Path 4:37
7 First Snow 3:02
8 Each Passing Day 3:53
9 Falling Leaves 3:36
10 Yesterday's Memories 4:17
11 Elegy 3:59
12 As the Sun Sets 5:00

季節の色彩や自然の情景をテーマとするプロジェクト「Colors Of The Land」によるニューエイジ・インストゥルメンタル3部作の最終作。作者の記名はなく、「Colors Of The Land」という名義も作品タイトルやシリーズ名の一部のように見えますが、その正体はシアトル出身のコンポーザー/鍵盤奏者Dan Siegel(ダン・シーゲル)。70年代末からLAのジャズ・シーンで活動。80年代のフュージョン〜スムースジャズ・ブームの火付け役となり、これまで数多くのリリースとレコーディング・キャリアを誇る巨匠シーゲル。本作は自身のアコースティック・ピアノを主軸に、元Shadowfaxのメンバーとして知られるCharlie Bisharatのバイオリン、Allen Hindsのアコースティック・ギター、Mark Hollingsworthのサックス/フルートを主旋律楽器としてフィーチャーしたアンサンブル編成による録音。サティやバッハの名曲をモチーフにするなどライト・クラシカルな要素を織り交ぜ、秋の終わりに身を委ねたくなるような、円熟しつつも瑞々しいコンテンポラリー・サウンドを演じています。元々はカリフォルニアのジャズ・レーベルNative Language Musicより紅葉の写真を配したカバーアートでCDリリースされたものですが、2014年以降はモノトーンのグラフィックを採用したColorsシリーズの1枚として装いも新たにデジタル配信されています。





Colors Of The Land - American Spirit

Colors Of The Land - Forest Dance

2019年11月25日月曜日

[255] Matthew Halsall - Oneness


Label: Gondwana Records

Catalog#: GONDCD033
Format: CD, Album
Country: UK
Released: 2019
DISCOGS

1 Life 9:58

2 Oneness 11:26
3 Stan's Harp 7:40
4 Loving Kindness 9:39
5 Distant Land 8:42
6 Stories from India 9:33
7 The Traveller 6:49

白地に黒のインクが潔く塗られたカバーアートの視覚的なインパクトにただ興味を引かれるまま視聴してみたところ、その美しさにさらに惹き込まれた、マシュー・ハルソールなるUKジャズ・ミュージシャンの未発表音源集。聴き手を沈思に誘うラーガ的進行の中、ハルソール自身が奏するトランペットを中心に、ハープ、シタール、タブラを加えたアンサンブルが実に心地よく羽ばたき、豊かに響きあう瞑想的空間。2008年にリリースされたファースト・アルバムの頃の録音らしく、このハルソールはこの10年以上にわたって新世代ジャズシーンで注目を集めてきた人物とのこと。人種・国籍・文化・言語の違いなど、様々な障壁を音楽愛を根源とするポジティヴな姿勢で乗り越えようとするような、静かでいて強い生気と精神性を感じさせる音楽。アルバム・タイトルである「ワンネス=ひとつであること」、そしてオープニング・トラックの曲名「Life」にも、何かとても腑に落ちるものがありました。サム・ウィルクスのライブ盤「Live on The Green」と一緒に、2019年のアンビエント・ジャズとして愛聴中。


“I really believe in Oneness and I’ve always loved the term ‘greater than the sum of its parts’. I could make music on my own and live a fairly isolated antisocial life, but there’s something far more rewarding about creating things with others. And for me these sessions document the coming together of lots of different musicians in a wonderfully organic soulful way to make egoless music.” - Matthew Halsall


...


2019年11月21日木曜日

[254] Jeremy Dower ‎- Music For The Young & The Restless


Label: Bit Of Heaven
Catalog#: BOH 002
Format: CD, Album
Country: Japan
Released: 2004
DISCOGS

1 Going Home : Second Guess 6:31

2 A Point For The Pointless 5:32
3 Music For Kellie, Railway Place 2:32
4 Spinning Top 4:20
5 Morning Frost Over Paddocks With Live Stock, Myers Flat, Victoria 3:26
6 Sea Breeze Saphire 2:54
7 Young Talent Time 4:00
8 Music For Log Fires 3:33
9 Windy Ponies : When You Try To Laugh, But All You Can Do Is Cry 4:17
10 Fua Fua 6:33

オーストラリア出身の音楽家/ビジュアル・アーティストJeremy Dower(ジェレミー・ダウアー)が、Slowmanこと鶴谷聡平氏主宰のレーベルBit Of Heavenからリリースした3作目のアルバム。タイトルは「若者と眠れない人のための音楽」。古いTVゲームを思わせる電子音のプログラミングを主軸とした作品ですが、時にアコースティック・ギターのつま弾きや、猫の鳴き声などのSE、アウトオブキー気味なふにゃふにゃメロディも交え、ミニマルでありつつもポップでフォーキーな味わい。弾んだり、転んだり、眩んだり、黄昏れたり、溶けたり。バラエティに富んだ曲調・構成で、Pacific 231やWooにも通じるよい湯加減のチルアウト・サウンドを全編にわたって聴かせてくれます。Bluemarkが手がけた可愛い鮭(?)のカバーアートがこの音楽の世界観とよく合っていますが、中古盤ではこの絶妙なピンク色が退色しているものが多く残念。実名義のアルバムとしては本作がラスト。現在はメルボルンを拠点にアニメーターの仕事をメインに活動する傍ら、Nakamichi 600 II名義でチップチューン路線の作品をリリースするなど音楽制作も続けられているようです。


...