2016年9月30日金曜日

[080] Eden Rock - Midsommarnatten Mix


Test PressingNoise In My Headディスコ〜AOR〜ソフトロックを中心とした甘くメロウなミックスで参加している、ストックホルム在住のAlbin Lindström(アルビン・リントシュトロム)によるDJプロジェクトEden Rock。今年6月に自身のサウンドクラウドで公開された1時間のミックス「ミドソマルナテン(真夏の夜)」は、レギュラーのセットから趣を変え、おそらく大半がスカンジナビア産のレコードから、フォーク〜ジャズ〜ニューエイジに焦点をあてたオーガニックなアンビエント・セット。

Eden Rock (Stockholm, Sweden)

2016年9月25日日曜日

[079] Vangelis Katsoulis - Back to Minimalism


Label: Utopia

Catalog#: 1017
Format: Digital, Album
Country: Greece
Released: 2015
BUY

1 Contrasts (feat. Anna Linardou) 18:36

2 The Transformations of Green (feat. Apostolis Anthimos & Thymios Papadopoulos) 17:26
3 Blue Point 4:04
4 Siena 18:51
5 Indolence (feat. Apostolis Anthimos) 4:15

ギリシャ産エレクトロニック作品を発掘するInto The Lightによる編集盤を機に、バレアリック方面からの新たな注目を集め、自身のレーベルUtopiaを再起させた、アテネ出身の作曲家Vangelis Katsoulis(ヴァンゲリス・カツォウリス)。ECMをはじめとするユーロジャズやクラシックを原点に、シンセ・シンフォニー、オペラ、映画、バレエのための音楽、室内楽、合唱曲に及ぶ多数の作品を手掛けるカツォウリスが、70年代の終わり頃から80年代にかけて作曲の基軸としていたミニマルな作風へ回帰した2015年作。ヴォーカルにAnna Linardou(アンナ・リナドウ)、ギター/ベースにApostolis Anthimos(アポストロス・アンシモス)、サックスには
Utopiaレーベルの共同創立者でもあるThymios Papadopoulos(シミオス・パパドポロス)が参加。それぞれアプローチの異なる5曲中、ハイライトとして挙げたいのが6つほどのセクションで構成される17分半の#2 "The Transformations of Green"。 サンプルはその導入部からの抜粋。シンセによる木管・マリンバ系の柔らかな音色のシーケンス、リズムを強調しつつスムースなメロディを重ねるギターとサックスが、全体のリズムやグルーヴを維持しながら流れるようにセクションを繋ぐライヒ的ミニマリズムの発展形。傑作 "Minimal Suite/Double Image" のさらに上をゆく出色のナンバーです。


...

[related]
Minimal Suite / Double Image - Remastered (2014)

Upcoming LP: If Not Now When (October 2016)

2016年9月22日木曜日

[078] Carl Stone - Electronic Music from the Seventies and Eighties


Label: Unseen Worlds

Catalog#: UW15
Format: Vinyl, LP, Album
Country: US
Released: 2016
preorder

A1 Sukothai (1977) 14:31

B1 Shing Kee (1986) 15:37
C1 Dong Il Jang (1982) 20:59
D1 Shibucho (1984) 18:56
E1 Kuk Il Kwan (1981) 28:44
F1 LIM (1974) 12:26
F2 Chao Praya (1973) 07:33

アメリカの作曲家カール・ストーンの
初期作品集。この3枚組LPは、6曲の未発表曲と、New Albionから1992年に発表されたCD「Mom’s」収録曲 "Shing Kee" の全7曲で構成されている。捕らえどころのない録音 "Sukothai" "Shibucho" "Dong Il Jang" は、70年代ニューヨークのロフトシーンの衰退から、80年代のコマーシャルな状況に移り変わる過渡期に、ストーンがいかに巧みに彼の芸術性を進展させたかを例示している。それらは、ライブ・パフォーマンス・システムによる作曲への野心のみならず、ポップの知識、商業的自殺、同時に技術的・美的な先見性、双方の欲求を満たしている。1981年ザ・キッチンでのライヴ・パフォーマンス "Kuk Il Kwan" は、現在のコンピューター駆動の作曲方法に繋がっている。最初期の楽曲 "LIM" "Chao Praya" は、彼がカリフォルニア芸術大学でジェームズ・テニーとモートン・サボットニックの下で学んでいた70年代初期にBuchla 200でリアライズされた。彼の作品では珍しく純粋な電子音源が使われている。ライナーノートは、カール・ストーン、ジョナサン・ゴールド、マーク・ワイデンボーム(Disquiet)。マスタリングとカッティングはラッシュド・ベッカーによる。


「1980年代カリフォルニアから表れた偉大な作曲家カール・ストーンは、スパイクヘアのパンクスとポニーテールヘアの大学院生のために、日頃ナイトクラブやコンサートホールで演奏していた。彼のエレクトロアコースティック・ブリコラージュは、月曜日のイブニング・コンサートに集まるブルーヘア(白髪を薄青く染めた)の人々よりも、ジャズ・ミュージシャン達の間でよく知られていた。」 - ジョナサン・ゴールド 


...




[related]

The Wire: Listen to sample workouts from the archive of Carl Stone
Disquiet: Liner Notes on Early Carl Stone
VAN Magazine: Synthesis - An Interview with Carl Stone (Sep 2016)

2016年9月18日日曜日

[077.1] Emotional Rescue

originally released on Raviol Records in 1985

Vox Populi! - Aither [ERC030]
originally released on V.I.S.A. in 1989


 Ramuntcho Matta - Écoute​.​.​. [ERC031]
originally released on Cryonic Inc. in 1986

...
simplified fine cover art of reissue works by UK label Emotional Rescue

2016年9月17日土曜日

[077] Thirteen Moons - Origins


Label: Wire Records
Catalog#: WRLP 004
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Sweden
Released: 1987

A1 Origins 4:07
A2 Mowgli And Baloo 4:30
A3 T As In Togetherness 2:53
A4 Milkyway 3:03
A5 Boundaries, Blow Away! 1:06
B1 Suddenly One Summer 3:30
B2 Undercurrent 4:00
B3 As The Dreams Meet The Soil 3:52
B4 The Good Ones Go First 1:40
B5 La Lumière 2:39

ギター/ベースのAnders Holm、元ドラムでヴォーカルのGöran Klintberg、サックスのMats ”Magic” Gunnarsson、それぞれ70年代後期からポストパンク・シーンで活動していた3人を中心に84年に結成。室内楽、ブルース、ジャズを織り交ぜた独自のポップサウンドを作り上げたスウェディッシュ・グループThirteen Moons(サーティーン・ムーンズ)。Billy Bragg(ビリー・ブラッグ)のツアーのオープニング・アクトに抜擢されるなど、当時イギリスのメディアやリスナーから高い評価を受けたといいます。93年の解散までの活動期間に、ストックホルムのインディペンデント・レーベルWire Recordsからリリースされた3枚のアルバムのうち、この「Origins」は87年のセカンドアルバム。3人の各パートに加え、シンセ、フリューゲルホルン、ストリングス、バックコーラスをサブメンバーに迎えた編成。80年代イギリスのネオアコースティック派と90年代アメリカのオーケストラルなインドアポップを結ぶ、旧き時代への郷愁と幻想に彩られたリリカルなサウンドを全編に渡って展開しています。Maurice Deebankを思わせるHolmの朴訥としたギターによるインスト曲 "Milkyway" は、静かな秋夜の空気のよう。アルバム全体に漂うひんやりとしたメランコリーと繊細な情感を象徴する一曲です。

...