2018年9月26日水曜日

[219] 静寂を求めて 癒やしのサイレンス



静寂は心を鎮め、開かせる。そして心を環境と調和させる。

騒音から逃れるため、グレッグ・ヒンディは23歳の誕生日までの1年間、沈黙の誓いを立て、一言も発せずに徒歩でアメリカ大陸を横断した。作曲家ジョン・ケージが音楽の新たな地平を開いた独創性に富んだ無演奏の曲「4分33秒」は、演奏以外の「無」を聴き、そして観るという、常に揺れ動く心に静かな居場所を与えるような全く新しい体験をもたらした。日本の宮崎良文教授は、森林浴によって都会人がリラックスし、ストレスが軽減することや、低下していた免疫機能が改善することを大学医学部等との共同研究で確認した。静寂の必要性が急速に高まっていく中、『静寂を求めて』は、私たちがあらゆる音に囲まれて生きるこの21世紀を、静寂、音楽、騒音などの音に焦点を当て、健全に生きるための方法を探究するドキュメンタリーである。

監督:パトリック・シェン プロデューサー:パトリック・シェン、アンドリュー・ブロメ、ブランドン・ヴェダー

共同プロデューサー:キャシディー・ホール
編集:パトリック・シェン
撮影:パトリック・シェン、ブランドン・ヴェダー
音楽:アレックス・ルー
製作総指揮:アンドリュー・ブロメ、ポピー・スキラー、ラリー・ファインゴールド
アソシエイト・プロデューサー:マイケル・コールマン
編集顧問:ナサニエル・ドースキー

出演者:グレッグ・ヒンディ、宝積玄承、ジョン・ケージ、奈良 宗久、デイヴィッド・ベチカル、宮崎 良文 他

81分/2015年/英語・日本語
配給:ユナイテッドピープル 原題:IN PURSUIT OF SILENCE

協力:銀座ソーシャル映画祭


2018年9月22日土曜日

[218] ナチュラル・クワイエットを求めて



YBS山梨放送のFMラジオ開局記念として2018年1月28日に放送された特別番組「ナチュラル・クワイエットを求めて」。「ナチュラル・クワイエット」とは、車の走行音、電子音などの人工音が全くない、自然の音しかない状態のこと。無音である「サイレント」の状態とは違い、心地よい自然音との均衡が保たれた、穏やかな静けさを意味するそうです。この番組の出演者は、1990年から山梨県北杜市武川の森の中にスタジオを構え、サイバーフォニックと呼ばれる独自の3Dサウンドシステムで自然音を録音し、現代人の心に優しく響くリラクセーション・サウンドを作り続けてきた環境音楽のパイオニア=小久保隆。70年代後期からエレクトロニクスを主体に音楽を制作していた小久保氏が自然音の世界に傾倒してゆくきっかけとなった出来事や、フィールドワークを通じて体験したことなど、自らの言葉で振り返りながら、サイバーフォニックで集音した四季折々のナチュラル・クワイエット音、この番組のために制作された「武川の四季」などの楽曲を紹介。人間と自然の共生について、聞き手に静かに問いかける50分。(アップローダーはmichitomiokaさん。シェアしてくださり感謝です。)


小久保隆/Takashi Kokubo

環境音楽家・音環境デザイナー。自然が持つ“人の心を癒す力”に注目し、現代人の心に優しく響くリラクゼーションミュージックを制作。深い癒しの音を求めてこれまでに訪ねた国と地域は50ヶ所にのぼる。「水の詩」「風の詩」「Quiet Comfort」(共にイオン レーベル)、「イヤーバカンス・シリーズ」(コロムビア)などCDを多数リリース。その他、携帯電話緊急地震速報のアラーム音や、電子マネー「iD」のサイン音、東京「六本木ヒルズアリーナ」の環境音楽など、音環境デザイナーとしても幅広い分野で活躍をしている。


Forest Healing (Della Inc., 2016)

A Dream Sails Out To Sea: Get At The Wave (Lag Records, 2018)

2018年9月20日木曜日

[217] Kajsa Lindgren - WOMB

ベルリンの実験音楽レーベルHyperdeliaよりリリースされた、スウェーデンのサウンドアーティストKajsa Lindgren(カイサ・リンドグレン)のファースト・アルバム「ウーム」(子宮の意)。自然のフィールド・レコーディングと身体の音、インタビュー素材などで構成された自身のコンポジションをプール内での録音/再構築。水中のインパルス・レスポンス効果と微細なノイズ成分が加わり、深い海の底か、遠い記憶を漂うような異空間的音響が展開されています。下のリンクは、アルバムのリリース直前にロンドンのオンラインラジオResonance FMで放送された特別番組。

...

This episode: special broadcast of WOMB, by Kajsa Lindgren, an underwater concert of aquasonic poetry heard as a reminiscence to voices from childhoods once lived, of distant musics and imagined sonic ecologies. The initial composition material of field-recordings of nature and body sounds, interviews and compositions has been re-recorded and re-amped underwater for broadcast on Resonance Extra, ahead of its imminent release via Berlin's Hyperdelia label on June 15th 2018. Recorded live at Stockholm bath-house Storkyrkobadet, supported by Kulturbryggan, Sweden.

2018年9月16日日曜日

[216.1] Mori To Kiroku No Ongaku #7



昨シーズンに続き、2018-2019シーズンもLYL Radioの隔月2時間枠を担当することになりました。LYLから新しいスケジュールが届いたのが初回放送日のちょうど1週間前(何の前触れもなく届いたので少し焦りました)。その日は、北海道胆振地方を震源とする大きな地震が起きた日でもありました。地震発生後にSNSで情報を追っていたところ、北海道に住んでいる方が停電時に撮影した星空の写真が目に留まり、その幻想的な美しさが強く印象に残りました。今回の2時間の選曲は、その写真を見たときの複雑な気持ちと結びついています。豪雨、台風、地震。各地で被災された方が、一日でも早く平穏な生活に戻られますように。


the first episode of my LYL Radio show in the new season is a two-hour ambient mix inspired by a picture of a star-filled night sky, which I saw on social media a week ago. it was taken by a person who lives in Hokkaido during the power outage due to the 2018 Hokkaido Eastern Iburi Earthquake. I sincerely pray for the safety and peace of mind of everyone who suffered from these disasters.



tracklist:
Harold Budd & Clive Wright - Sunday After The War
Shuta Yasukochi - Another Light
Robin Guthrie & Harold Budd - Snowfall
Slow Dancing Society - Be There
Marconi Union - These European Cities
Fibreforms - Untitled Bright Format
Guy Gelem - Second Tide
Colin Fisher - VIII
Zbigniew Lewandowski - Zmęczenie
Albrecht La'Brooy - Daybreak
Gianluca Petrella - Cue
Matthew Hayes & Joel Trigg - Downtime
New Zion Trio - Niceness
Ekimi - Che Wa Sha Wo
Paul Speer - Lento
Bob Siebert - Piece in E Flat
Sunstroke - Nothing's Wrong In Paradise
Hiroki Okano - Hamon
Ayuo Takahashi - Grasslands
Kenjiro Matsuo - Without Wind

2018年8月20日月曜日

[216] Iury Lech - Otra Rumerosa Superficie


Label: Utopia Records
Catalog#: -
Format: Vinyl, LP, Album
Country: UK
Released: 2018 (1989)
preorder

A1 Bocetos Para Un Sueño 3:24

A2 Adagio Semejanza 4:48
A3 Hipódromos De Acero 3:47
A4 Continuo I 2:11
A5 Emblemas 10:35
B1 Final Sin Pausas 3:49
B2 Continuo Ii 4:27
B3 Tercera Lluvia 1:26
B4 Mundos Soterrados I 5:26
B5 Numinosum I 4:07
B6 Situaciones 3:30
B7 Numinosum Ii 2:47

近年最も注目を集め、ベルリンのレーベルCockTail d'Amore Musicにより再発されたセカンドアルバム「Musica Para el Fin de Los Cantos」に続き、ユーリ・レッヒのデビューアルバム「Otra Rumorosa Superficie」は、アレクサンダー・ブラッドリーにより設立されたUtopia Recordsの再発部門から初めてヴァイナルでリリースされます。1989年にカセットで発表されるも、これまでほとんど聴かれることがなかったこのミニマル音楽のマスターピースは、間違いなく「Musica Para el Fin de Los Cantos」を超える完璧なアルバムです。元々は2つの短編映画「Final Sin Pausas」「Bocetos Para Un Sueno」のフルスコアとして作曲。そのアレンジメントはアンビエント、瞑想的でシネマティックなミニマリズムの奥深さ、ロマン主義と誠実さを結ぶ美しいリスニング体験をもたらします。レッヒはウクライナ出身の多分野的なアーティストであり、現在は主にニューメディアアート、ビデオアート、ブライアン・イーノをはじめ多くの作品に取り入れられてきたオーディオ・ビジュアル技術に焦点を当てたマドリッドのフェスティバル「Madatac」のキュレーターとして活動しています。1970年代後半から80年代にかけて、彼は電子的に生成されたオーディオおよびビジュアル・メディアに注目し、すぐにその分野の先駆けとして知られるようになりました。反復的なリズムと波紋の共鳴、ドローン、アンビエンス──スティーヴ・ライヒ、テリー・ライリー、フィリップ・グラスらが拓いたミニマリズムの地平に描かれた、この時代のレッヒ作品はとても印象的で美しく、これまで見過ごされていたのはあまりに不当に思えます。(レーベルインフォより抜粋・訳)


Following on from one of the most sought after reissues of recent years ‘MUSICA PARA EL FIN DE LOS CANTOS’ on Berlins Cocktail D’amore, Iury Lechs debut LP ‘Otra Rumorosa Superficie’ is made available for the very first time on Vinyl launching the reissue division of London based Utopia Records set up in 2015 by Alexander Bradley. This cassette only release from 1989 is a minimal masterpiece practically unheard until now. Arguably a more complete album than De Los Cantos, Originally composed for two short films ‘Final Sin Pausas’ and ‘Bocetos Para Un Sueno’ as a full score the arrangement is a beautiful listening experience spanning through ambient, meditational and cinematic minimalism of real depth, romanticism and sincerity. Iury Lech is a Ukrainian born multidisciplinary artist, whose main focus now is as the curator of ‘Madatac’ a festival based in Madrid focused on new media art, video art and audio visual technologies which has featured the work of Brian Eno amongst many others. During the late 1970’s and 80’s he rose as a pioneer within a moment focussed on electronically generated audio and visual media. Drawing on the ground gained by Minimalist pioneers like Steve Reich, Terry Riley, and Philip Glass - built from repetitive rhythm and sheets of rippling resonance, drone, and ambience, Lech’s work of the period is so striking and beautiful, that it seems shockingly unjust that it was overlooked until now. The album comes in 180 gram vinyl edit form with full cassette version on USB on purchase of record. Utopia Originals sets out to promote and reinvigorate music and artists in the most authentic way possible. 'OTRA RUMOROSA SUPERFICIE’ has been remastered from original master tapes at Central Dubs, Bern Switzerland and the original artwork licensed through argentine visual artist Pablo Siquier.


...