2019年11月12日火曜日

[252.1] 月間サウンドステージ 心を癒すアンビエント・ミュージック




音楽現代別冊 月間サウンドステージ
1996年3月号

特集 アンビエント・ミュージック〜自然からのメッセージ
・自然音も聴けるアンビエントCDコレクション
・アーティストからのメッセージ〜FOAレコード
・やすらぎを求めて〜自然音CDコレクション
・心の奥底で木霊するアンビエントなリズムたち 吉村弘
ほか

平成8年3月30日発行
編集長 船木文宏
出版 株式会社芸術現代社

クラシック音楽専門誌「音楽現代」の別冊として刊行されていた月刊誌「サウンドステージ」。「情報選択時代の音楽オーディオ誌」と謳われるように、時代とともに多様化するオーディオ/ヴィジュアル機器と音楽ソフトに関する最新情報を発信する音楽総合誌でした。1996年3月号の特集は「心を癒すアンビエント・ミュージック」。80年代末から90年代にかけて、ハードさを志向するアンダーグラウンド・ダンス・ミュージックの反作用として生まれ、ともに発展を遂げてきたチルアウト〜アンビエント・ミュージック。本号が発行された90年代半ばは、ちょうどチルアウト・カルチャーを先導してきたプロデューサー達がアンビエント路線をやや離れて、エレクトロニック・ミュージックの新しいフォームに歩みを進めた時期。アンビエント・ミュージックは「聞き手が想像力で参加することができる抽象性でクリエイティヴなスピリチュアル・サウンド」として、ポップ・ミュージックと混交しながら、よりオーバーグラウンドなフィールドでの認知を広げていたのだろうと思います。この特集では、自然音を取り入れたニューエイジ色の濃いアンビエント作品のディスクガイド、ユーキャン内に設立された音楽レーベルFOA (FORCE OF AMBIENT) RECORDSの紹介、細野晴臣、ワールド・スタンダード、高橋鮎生、ドリーム・ドルフィンなどポップとアンビエントの両極を志向する所属アーティストからのメッセージ、橋本元司や吉村弘によるコラム、アンビエント作品やグッズを買うことができるショップ情報などを掲載。今読むと、マスとコアの間で揺れ動く当時のアンビエント・ミュージックと、それをめぐる動向や概観が感じ取れるような内容になっています。注目すべきは、日本のアンビエント史に輝く巨星にして、ほとんど交わることはなかったであろう2人の音楽家、吉村弘と細野晴臣が同じ紙面に寄稿していること。かたや音の美術〜環境デザインの先覚者、かたや俗世を離れてアンビエントたる仙境に身を置いた音楽王、という、双方異なる「アンビエント/環境音楽」を体現する2人。下の文章は、各々のコラムから特に印象的な部分を抜粋したものです。


「アンビエント感のもとになっているものは、やはり自然なリズム、自然音や地球の発信している様々な鼓動、宇宙からの波動、遠い記憶、民族の伝統によって育まれてきた風土性など失いかけているものの中に投影されることが多い。失ってからでは遅いし、そんな心の中の小さな波紋として、聴く人の心の中に広がっていくからであろう。私達は生活には便利になったが、アンビエント感の乏しい時代にいることをじわじわと感じ始めている。「アンビエント・ミュージック」は音の一ジャンルを形成するものではなく、アンビエント感のある音楽の総称としてあるべきであろう。」 - 吉村弘


「僕はここ数年、渚に立ってずっと海を見ていた。海は激しさと静けさをひとつのこととして感じさせてくれた。そこにはエゴも名もない太洋感覚があった。アンビエントとはそのような視点〜世界の観望から、日々成生と消滅をくりかえしてゆく音楽と思われる。僕の背後には陸が広がり、そこには多様なノイズが渦巻いている。地震が起こり津波がおし寄せると、海のスピリットが陸に影響を及ぼし、陸のアンビエントが生まれた。」 -細野晴臣


2019年11月6日水曜日

[252] Herman De Vries ‎- Water: The Music Of Sound 1


Herman De Vries ‎- Water: The Music Of Sound 1
published by Artists Press Bern, 1977

recording (LP) with on side 1: bach (6 kleine wasserfällchen in einen strom), Oberschwappach - D (10.15 min) and ozean I, Gubacarrigan, Clew Bay - Ireland (9.40 min), on side 2: ozean II, Killeennabausty, Achill Island - Ireland (9.08 min), regen, Eschenau - D (6.36 min) and quelle, Fatschenbrunn - D (5.31 min). In 2 beige covers with a white label on the outside cover with artist, title and titles of the sounds on the disk. On the reverse of the cover a text by Urs and Rös Graf. Added 15 photographs in black/white, text in English: "this shall you think of all this fleeting world: | a star at down, a bubble in a stream, | a flash of lightning and a summer cloud, | a flickering lamp, a phantom and a dream" [source: Vajracchedika Prajna Paramita Sutra (Diamond Sutra)]. On the front of the inner cover a fragment of a photograph (3.5 × 5.0 cm) is glued representing a cloud in a blue sky, on the reverse a fragment of a photo (5.5 × 8.3 cm) representing a waterfall. A postcard is included.

2019年11月5日火曜日

[251] Carlo La Manna ‎- Musica Per Uomini Di Pietra


Label: Ginger
Catalog#: GDRX 0163
Format: CD, Album
Country: Italy
Released: 1993
DISCOGS

1 Il Sole Sorge Sulle Alpi 1:59

2 Il Re Guerriero Forgia Le Armi Di Rame 3:28
3 I Racconti Della Regina Al Bimbo Di Pietra 3:28
4 Il Piccolo Cacciatore Scopre Il Mondo 2:44
5 Incontro Con Gli Spiriti Della Foresta 1:41
6 Il Tempo E Le Stagioni 4:59
7 Verso La Montagna Sacra 7:53
8 I Sacerdoti Del Grande Tempio 3:28
9 Canto Notturno Degli Uomini Di Pietra 2:17

イタリア北部トレント出身、現在は隣国スイスを拠点とするダブルベース奏者Carlo La Manna(カルロ・ラ・マンナ)。10代半ばからドラム、その後にエレクトリック・ベースの演奏を始め、同郷出身のギタリストAndrea Braido(アンドレア・ブライド)のグループなど数多くのロック/ジャズ・バンドに参加。1988年よりダブルベースとチェロ、クラシック音楽の研究を始めてからは、ダンスや演劇、ドキュメンタリー・ビデオの音楽を手掛けるなど活動の枠を広げ、現在まで作曲家、演劇作家、教師、民族音楽アンサンブルのリーダーとして分野を横断したマルチな活動を展開しています。本作「石男のための音楽」は、1993年7月から11月にかけてベゼーノ城考古学遺産局の企画により開催された展覧会「Uomini di pietra. Statue stele e prima metallurgia in Trentino Alto Adige」(石の男:トレンティーノ=アルト・アディジェ特別自治州の石像と最初の冶金)のための音楽を収録した、おそらく2作目となるリーダーアルバム。自身の作曲・構想に基づき、サンプラー、シンセサイザー、民族楽器、創作楽器、石や貝などの自然物、ガラス、金属、木材といった大小とりどりの非楽器を、チベッツァーノ小学校の児童16名を含むアンサンブルで演奏。金属や自然物が織りなすプリミティヴな感触とともに、歴史の古層から立ち上ってくるような底知れないアンビエンスと静寂感が全編を支配しています。公式プロフィールには80年代後期に環境音楽の作曲に専念していたと記されていますが、そうした活動の一端を窺い知ることができる内容です。下の動画は作者本人による投稿。他に、ファーストアルバム「Luding」、バイオリン奏者Bungaro Corrado(ブンガロ・コラード)との共作「Textiles」もアップされています。


Composizioni di Carlo La Manna, con la complicità convinta e divertita di sedici "musicisti in erba" della IV classe della scuola elementare "G.B.BORSIERI" di Civezzano (Trento), per la Mostra Archeologica: "UOMINI DI PIETRA" Statue a Stele e prima metallurgia in Trentino Alto Adige, Castel Beseno, luglio-novembre 1993, a cura dell'Ufficio Beni Archeologici della Provincia Autonoma di Trento.


...



2019年11月1日金曜日

[250] Musique Plastique - Stages: Music From Dance And Theater 1979-1989



米オレゴン州ポートランドにレコードショップを構える傍ら、2018年よりレコードレーベルを運営しているMusique Plastique。Visible Cloaksのセルフタイトル作の再発を皮切りに、同郷出身のシンセサイザー奏者Attilio、シカゴのポストパンク・バンドGuerilla Welfare、ナイジェリア出身の宅録ローファイシンガーPedro、ベルギーの前衛劇伴作家John Gilbert Colman、さらにはメルボルンで映像のための音楽を手がけた電子音楽家Sam Malletまで、レアグルーヴ的視点で発掘した良質なミニマル〜コンテンポラリー・ミュージックの復刻リリースを重ね、再発レーベルが乱立する現行シーンの中でも、彼らとゆかりの深いSéance Centreともに異彩を放つ存在になっています。今年の1月4日にサウンドクラウドで公開された「Stages: Music From Dance And Theater 1979-1989」は、レーベルの共同設立者の1人であるLuke Buser(ルーク・ブザー)が過去2年にわたり夢中になっていたというダンスとシアター・プロダクションのための音楽に関する研究成果をまとめたもの。Ryuichi SakamotoやBenjamin Lewといった大御所からほとんど無名に近い作家まで、29組の音楽家達が身体の動き/リズムに呼応して制作した様々なフォームのミニマル・ミュージックが2時間にわたりミックスされています。トラックリスティングはトラック説明欄をご覧ください。


I spent the last couple of years obsessing over music from dance and theater productions. The more I researched and listened, the more I began to hear a sort of commonality that all these records and cassettes shared; a sound of movement. Even coming from all parts of the globe and representing several different genres, there is a strong feeling of human movement. This mix represents a period of time spanning between 1979 and 1989. Enjoy! - Luke/Musique Plastique


Guerilla Welfare - The Nature Of Human Nature [MP005]


Sam Mallet - Wetlands [MP006]

2019年10月30日水曜日

[249] Botanica - Arboretum


Label: -
Catalog#: -
Format: Digital, Album
Country: Poland
Released: 2019

1 Arecaecae 6:49

2 La Manzanera 5:11
3 Lutowiska 6:00
4 Merigar 7:30
5 Przystań 10:00
6 Solano 7:50
7 Tegnérlunden 7:59
8 Tukany na tropie 5:01
9 Tumy 4:14

「ボタニカルアート」などで耳馴染みのある「ボタニカ」とは、イタリア語で「植物」のこと。ポーランドのDJ/プロデューサーMaciej Maćkowski(マチェイ・マッコウスキ)によるBotanicaは、その名の通り、熱帯雨林や植物園、自然の音・ビジュアルに焦点を当て、それらのイメージをダブテクノ〜ハウスなどエレクトロニック・ミュージックのフォームに落とし込んだディープなサウンドを探求するプロジェクト。今年5月にバンドキャンプを通じてリリースされた「Arboretum」は、彼が過去3年間にポーランド、スウェーデン、スペイン、スロバキアなど各地を訪ねて採取したフィールド・レコーディング音源とファウンドサウンドを軸に、シンセシスを駆使して作り上げた初のフルレングス作品。「植物+エレクトロニクス」という組み合わせから連想できる密林エスノではなく、ミストを全身に浴びながら濡れた地面の上を歩くような、全編ひんやりとした感触をもつアンビエント・サウンドに貫かれています。各トラック名はおそらく音を採取した土地の名に由来。昨年3月のBandcamp Dailyの記事「Music for Plants」とあわせて。



...

[related]
アルバムのリリースと時を同じくしてワルシャワのラジオ番組kolekcjeのサウンドクラウドで公開された1時間のアンビエント・ミックス。