2017年5月30日火曜日

[132] va Looking East - Bulgaria


Label: Erdenklang
Series: Looking East - Electronic East
Catalog#: 29542
Format: CD, Compilation
Country: Germany
Released: 1992

1 Vladimir Djambasov - 33:8 4:32
2 Vladimir Djambasov - Breath 4:17
3 Ljubomir Velev - My Aunt Has 3:05
4 Ljubomir Velev - Sunbirth 6:34
5 Ivan Vulkov - A New Song 2:55
6 Lubomir Denew - Submarine Life 4:34
7 Lubomir Denew - Piano Deformations 4:52
8 Danail Draganov - Somethin' Isn't Enough 3:39
9 Simo Lazarov - Nature 4:08
10 Simo Lazarov - Voices 5:04
11 Krasimir Timov - Legend 3:10
12 Sergey Djokanov - Thracian Heros 5:21
13 Sergey Djokanov - Haven 4:27
14 Sergey Djokanov - The Last Supper 2:23
15 Anguel Kotev - A Game 4:23
16 Anguel Kotev - Morning Dew 5:02
17 Anguel Kotev - A Song 4:49

ポーランド、東ドイツ、ハンガリー、チェコスロバキア、ブルガリア、エストニアといった、旧ソ型社会主義体制下にあった東ヨーロッパ諸国のシンセサイザー音楽にスポットを当てた、全6作にわたるコンピレーション・シリーズ「Looking East - Electronic East」のブルガリア編。レーベルは81年に独ディープホルツを拠点に設立された、Innovative Communicationと並ぶハイテック・ニューエイジの名門Erdenklang。当地の電子音楽分野を切り開いたSimo Lazarov(シモ・ラザロフ)を筆頭に、バルカン半島の複雑なリズムや旋律を織り交ぜたVladimir DJambasof(ウラディミール・ディアンバソフ)、フォークバラッドをフィーチャーしたLjubomir Velev(リュボミール・ヴェレウ)やSergey Djokanov(サーゲイ・ディオカノフ)など9名の作曲家による、プログレッシヴ・ロック、ニューエイジ、ジャズ、とりわけ民俗的要素と結びつくことで独自の進歩を遂げたブルガリアのシンセサイザー音楽を、作曲家ごとのバイオグラフィとともに紹介。選曲・監修はAnguel Kotev(アンゲル・コテフ)。

ブルガリアでは、ラジオスタジオの1つが充分な機器を備えた1977年になってはじめて、電子楽器を音楽に組み込むことが可能になりました。そのスタジオで最初に働き、同時に他の音楽家を育て上げたのはシモ・ラザロフでした。彼はその後の数年間、新しい可能性を用いた作品制作に強い興味をもつ音楽家たちから注目を集めました。間もなくして、他の音楽家は独立して活動できるように各々のスタジオを探しはじめました。これに関連して、他の音楽家のレコーディングを支えたFSBグループのスタジオについて言及する必要があります。この数年、ソフィアではディレンマとクラスのグループがスタジオを設立しました。電子楽器を駆使した実験主義の音楽家に加え、現在ブルガリアでは多くのポップ〜ロック界の音楽家が現代的な電子機器を使っており、MIDIはもはや外来語ではありません。このCDで紹介された音楽家が、まったく異なる経路から電子音楽に至ったことは注目に値します。先述のシモ・ラザロフと、サーゲイ・ディオカノフの場合、その原動力は当初からエレクトロニクスへの関心でした。他の音楽家、例えばアンゲル・コテフは、音楽学校で十分なクラシックのトレーニングを受けた後、エレクトロニクスとコンピュータの実験的な可能性に惹かれました。最後に、1989年の秋、ゴツェ・デルチェフの街の小さな作曲家グループが、ブルガリアにおける初の国際電子音楽祭を成功に導いたことは特に強調したいことです。- アンナ・マリア・トンコワ

...

[related]
Simo Lazarov - Nature (Balkanton, 1988)

Sergey Djokanov - The Green Desert (Balkanton, 1985)

2017年5月28日日曜日

[131] TV Victor - Deep Entry



私はグルーヴのない音楽を聴くこと、作ることが好きです。音楽で空想の空間を作りたい。音の聞こえない音響次元の旅へリスナーを誘う、もっと抽象的でナラティヴな音楽。その旅ではリズムは邪魔になります。リズムはあまりに具象的で窮屈です。2005年に、私はディープ・アンビエント・プロジェクトを始めました。音の素材を100%までピッチダウンして音の時間を拡大する「タイム・ズーム」という手法で作曲しています。素材とはまったく異なる体験が広がります。この音楽はTV Victorの必然的な発展型だと思います。 - ウド・ヘイトフェルド 


Udo Heitfeld began with the guitar at age four, but studied piano until the influence of experimental electronic music took hold of him in the 70′s. When Heitfeld moved to Berlin in the early 80′s, he became vital parts of diverse projects within Berlin’s underground art scenes, the most significant one of which was the heavily rhythmic and hypnotic Ethno-oriented No Zen Orchestra. Their CD was released in 1988 via Tresor’s parent label Interfisch. Heitfeld’s first solo productions started in 1990 under his TV Victor pseudonym, the first fruit of which was the “Moondance” album (Interfisch): experimental music with classic Pop structures but more an indicator of his move in more Ambient directions.



Udo Heitfeld aka TV Victor

2017年5月27日土曜日

[130.1] A Quarterly Review Of Design




季刊デザイン14号 1976・夏
a quarterly review of design │ summer 1976
Sound: Ears Cleaning

特集 音
・音・音楽・環境 一柳慧
・楽器 10人のアーティストのつくる楽器
 新宮晋 鈴木昭男 戸村浩 宇野亜喜良 桜井郁男 湯村輝彦 山口勝弘 福田繁雄 内田繁 仲条正義
・音幻の世界 環境とオブジェ 山口勝弘
・錬音術 羽良多平吉

音のデザイン・エッセイ
・もう鳩なんか出やしない 高梨豊
・黄金の耳へ 諏訪優
・旅の宿のベッドで聞く音のことなど 長谷川尭
・音はまぎれもなく文化だと思う 片岡義男
・The Sound in the Box 秋山邦晴
・ロールス・ロイスの時計 小林彰太郎
・写真の中の量子雑音 松岡正剛

・音のポスター 音楽環境のはざまで 神田昭夫 
・音のパッケージング ロック・ジャケット・イン 小島武
・音響機器デザインの修辞学 技術神話へのフェティシズム 和爾祥隆

Questionnaire
・音体験、音のイメージを、20の設問で20人の音にフィットしたデザイナーに聴く
ほか

昭和54年7月1日発行
発行人 大下敦
編集人 田淵裕一
発行所 株式会社美術出版社

2017年5月25日木曜日

[130] Manongo Mujica & Douglas Tarnawiecki - Paisajes Sonoros


Label: Buh Records

Series: Sounds Essentials Collection
Catalog#: BR75
Format: CD, Album
Country: Peru
Released: 2015 (1984)
DISCOGS


1 Paisajes Naturales 37:51

2 Paisajes Urbanos 18:07


「Paisajes Sonoros」(Soundscapes)は、1984年にカセットで自主リリースされました。この作品は、Manongo Mujica(マノンゴ・ムヒカ)とDouglas Tarnawiecki(ドウグラス・タルナヴィエッキ)による、ペルー音楽に関する大規模な研究の成果でした。彼らは一年かけて、パラカス砂漠からジャングル、リマの市場や大通りを訪ね歩き、海の音、風の音、通りの話し声、ラジオの音を採取しました。このすべての録音素材を使って、サンドロ・リ・ロジーのスタジオでサウンドトラックを構成。そこに様々な楽器を追加し、個人性と民族性が交差する具体音楽とコラージュの探求、アンビエント、ドローンから民族音楽に及ぶ作品を作り上げました。タルナヴィエッキは1982年にムヒカと出会いました。タルナヴィエッキはアカデミックな作曲の出身で、米ロチェスターで学び、ギリシャのプロジェクトのために世界の様々な伝統音楽を研究していました。ムヒカは打楽器奏者として即興とサイケデリック・ロックに専念していましたが、1983年にリマに戻った後、民族音楽、ドローン、具体音楽、フルクサスのようなコンセプチュアルな音楽を追求しはじめました。ムヒカと、アフロペルーの伝説的な打楽器奏者Julio "Chocolate" Algendones(フリオ・チョコラテ・アルヘンドネス)との出会いは、アフロペルー音楽と自由即興を介して霊的交感を探るきっかけになりました。アルヘンドネスはアフロペルーのパーカッションの伝統において異端の存在でした。彼はキューバとハイチに住み、彼の考えるパーカッションの手法に多くの影響を与えた「サンテロ」の儀式やそのリズムに精通していました。彼の特異性はムヒカを魅了しました。彼らのもとに、ロンドンで学び、ポピュラー音楽で作曲を始めた電子音楽作曲家Arturo Ruiz del Pozo(アルトゥーロ・ルイズ・デル・ポゾ)が合流しました。このように、「Paisajes Sonoros」は異なるバックグラウンドをもつ4人のミュージシャンの出会いでもありましたが、しかし彼らは共通して、アカデミックとポップの関係を探求し、自由即興の手法によってネイティブと前衛音楽の共有領域を見つけることに関心を持っていました。1983年には既に、ルイズ・デル・ポゾ、ムヒカ、Omar Aramayo(オマル・アラマヨ)の3人による、アンデスの響きと電子音楽と民族ジャズ・パーカッションを融合した冒険的な作品「Nocturno」がリリースされていました。「Paisajes Sonoros」も、ペルーが社会的に危機的な段階にあった時期につくられました。1980年のFernando Belaúnde Terry(フェルナンド・ベラウンデ・テリー)による民主主義への復帰は、都市のスカイラインの必然的な変容と並行して行われました。インフォーマルな経済が出現し、農村部から都市住居への大規模な移住の結果、首都にアンデス文化が定着しました。80年代まで、リマは深刻な経済危機やテロ集団の問題に直面したため、不安定な状態にある都市でした。当時のリマの状況は、すべて「Paisajes Sonoros」の背景となるサウンドトラックでした。 しかし、自然のドキュメンタリーという性質を超えて、これらの音は、演奏された音楽と対話する精神音響の投影として機能します。周囲の音に触れることは、それが何であるかという現実のサンプリングであり、音楽の設定とそれ自体を具現化し、聴き方の幅を広げて創造的な活動に変えるものです。 - 
ルイス・アルヴァラード


「Paisajes Sonoros」は、私たちの内面の音世界と外の世界、2つの異なる世界を同時に聞く必要性から生まれた音楽研究プロジェクトです。 2つの世界には、異なる振動の性質があります。これら「世界」の間にある矛盾を聞くことを学ぶことは、ひとつの存在の2つの側面の両方の対立を含む「サウンドスケープ(パイサヘ・ソノロ)」を認識することにつながります。これに続く3番目の要素は、複雑な聴覚プロセスの暗黙智としてのユーモアです。それぞれの音のディスプレイの背後には、他の、より静かで見えにくく、さらに捉え難いものが隠れています。それはおそらく、すぐには理解できない起源・砂漠の風景の音。 そのひとつひとつに、音楽的に等しいものはありますか?「Paisajes Sonoros」は、起源の物語を語ろうとしています。それは、主役としての音の発達と死。そして、自然、風・水・雨の発生、次の都市へと続くジャングルの入り口、矛盾と聴覚の豊かさ有するリマの物語です。私たちが音楽を固定的かつ定義可能なものとして判断する習慣や予感を放棄するとき、サウンドスケープの概念が現れます。そうすることによってはじめて、もっとも取るに足らないノイズからもっともありふれた生活音まで、すべての聴覚環境、すべての鳴り響く行為が、別の次元・別の意味にかわり、サウンドスペクトルを生きるキャンバスとして感じる手段になり、私たちが今ここに存在する他の音楽に気づくための手がかりになります。 - 
マノンゴ・ムヒカ


This CD is part of the Sounds Essentials Collection, a rescue project of several fundamental works of Peruvian Avantgarde music, which will be published periodically. The project is made possible through the support of VICERRECTORADO DE INVESTIGACIÓN, DE LA PONTIFICIA UNIVERSIDAD CATOLICA DEL PERÚ Y ALTA TECNOLOGÍA ANDINA (ATA)


...


[related]
Aramayo, Mujica, Ruiz Del Pozo - Nocturno (1983)

Luis David Aguilar - Hombres De Viento / Venas De La Tierra, 1978​-​1982
(Sounds Essentials Collection Vol 3)

2017年5月24日水曜日

[129] Old Man Archive

Sense of Guilt
The Remnants of Love
Across the River

OLD MAN ARCHIVESは、日常のふとした場面で遭遇する老人たちの生きた語りをフィールドレコーディングで採集し、 カセットテープ(不可逆的な記録メディア)に封じ込めるプロジェクトです。 そこには個人の名や顔ではなく、ただ記憶だけが、背後に鳴り響く日常のノイズと共に刻み付けられます。/ 各作品は老人の年齢の数だけ生産し(例:93歳 = 93本)、追加生産は行いません。

OLD MAN ARCHIVES is a project which conducts field-recording of living monologues by elderly people whom we met in various daily situations. In the cassettes, memories echoing behind everyday noises are recorded aside from the individual’s name nor face.

Old Man Archive
publishing project based in Japan