2019年8月12日月曜日

[246.1] Airwaves: Tomoyuki Fujii



韓国のレーベルTonal Unityのゲストミックス・シリーズに誘っていただきました。Tonal Unityは、Akimbo名義で活動する米国出身のDJ/プロデューサーRhylon Durhamが、現在住んでいるソウルを拠点に立ち上げた新しいレーベル。韓国やインドネシアなどアジアの伝統音楽と、現行のダンス・ミュージックの接点に着目し、オーガニックかつ実験的なダウンビートのトラックを集めたコンピレーション「Vol. 1 {일}」(イル:仕事の意)をリリースするなど、ユニークな志向性をもって活動されています。今回のミックスは、ちょうど梅雨の終わりの時期、天気の移り変わりにインスパイアされたものです。レーベルの作品とあわせてチェックしていただけると嬉しいです。


happy to share my new mix for Seoul-based label Tonal Unity, formed by Akimbo aka Rhylon Durham. it was recorded at the end of the rainy season called "Tsuyu" in Japan, and inspired by the rain and sunshine in July. hope you enjoy it. many thanks, Rhylon.


va Vol. 1 {일}
the first release in a series of 3 compilation EPs.

Tonal Unity - 토널 유니티
Organic Sounds from Asia and Beyond
아시아를 포함한 그 이상의 순수한 사운드
soundcloud / bandcamp / facebook

2019年6月25日火曜日

[245.1] Mori To Kiroku No Ongaku #12



6月21日に放送されたLYL Radio「Mori To Kiroku No Ongaku」の最終回。後半1時間は、森俊二さんと杉本邦人さんによるプロジェクトNatural Calamity(ナチュラル・カラミティ)のレイドバックなチルアウト・サウンドを特集。今回、特に思い入れのある音楽を取り上げたいと思い、真っ先にイメージしたのがこのNatural Calamityでした。「90年代のなごみもの」という帯のキャッチコピーに興味を引かれ、中古CD屋で「Down In The Valley」を手にとったのが16年ほど前。サーフ・ミュージックやアンビエントの時流とは関係なく、浮いたときにも沈んだときにもパーソナルな耳の拠り所として愛聴してきた、自分にとって無人島ディスクのような一枚です。2003年の「Night Is Indigo」以降アルバムのリリースはありませんが、現在森さんはGabby & LopezやDamoといったメインのプロジェクトと並行して、Natural Calamity名義での新作も製作中とのこと。今後の報せがとても楽しみです。最後に、2017-19の2シーズンにわたってこの番組をチェックしてくださったみなさま、そしてLYLのアキと全てのクルーへ、短い間でしたが本当にありがとうございました。ラジオはまたきっとどこかで。


here is the final episode of my LYL Radio show "Mori To Kiroku No Ongaku". the second hour is a special feature on the laid-back sound of Japan's downtempo duo Natural Calamity, formed by Shunji Mori (Gabby & Lopez / Damo) and Kuni Sugimoto (Honolulu / fabricomusico). thanks to Aki and LYL Radio crew for supporting me for two years, and everyone listening to my show.



tracklist:
Michael Bierylo - Recurrence
Max Lässer's Ark - Oceania
Wind Machine - Rain Maiden
Danny Heines - Sun & Water
Andreas Von Wangenheim - 1st Of My Day
Fowler & Branca - The First Breath
Everything Play - Kyujitsu (Holiday)
Dagobert Böhm - Für Nana
Vincenzo Zitello - Arcangelo Gabriele
Shiva Affect - Caught In Amber
Salut - Whispering Gallery
The Lilac Time - The Rain Falls Deepest On The Shortest Haircut
Lakeside - Film Parts
Shunji Mori, Kunihito Sugimoto, Morio Watanabe, Seigen Ono - Koronis Rift (Intro)
Natural Calamity - Down In The Valley
Natural Calamity - Introduction For Tomorrow
Natural Calamity - Day Dream
Natural Calamity - After The Sorrow
Natural Calamity - Chocolate Martini
Natural Calamity - After The Dolphins Gone
Natural Calamity - Interzone Pt.4
Natural Calamity - Andalucian Moon
Natural Calamity - In Between
Natural Calamity - Life
Natural Calamity - Shelly
Natural Calamity - Interzone Pt.2
Natural Calamity - Turn Pike & Freeway

2019年6月20日木曜日

[245] va Long Distance Vol. 1


Label: Ambient Assistance
Catalog#: AA02
Format: Cassette, Compilation
Country: Canada
Released: 2019

1 Nadia Khan - Polvo 4:30

2 AVR - Untitled 6:37
3 Big Zen - Luvum 7:19
4 Thurlow Joyce - Theo 9:27
5 Dust-e-1 - Durutti 4:08
6 MDO & Soft Fit - Untitled 6:02
7 Journeymann Traxx - Tribe Sesh 8:02
8 Modest House - Black Dog 4:06
9 Precipitation - Deep Sleep 10:57

Long Distance Vol. 1 is a compilation of airy, reflective, and immediate pieces from 10 artists separated by distance and abstract borders. With contributions from a network bridging distant locations across two continents, distance(s) (of geographical as well as more abstract kinds) became the theme of this release. Available digitally and in limited cassette and CD versions via ambientassistance.bandcamp.com


...



2019年6月18日火曜日

[244] Michael O'Shea


シタールとゼロコードから着想を得た17弦楽器「モ・カラ」を自作し、ヨーロッパやアジアの国々を放浪した、北アイルランド生まれの音楽家MICHAEL O'SHEA。「アイリッシュのララージ」とも評されるこの孤高の路上演奏家が、1982年にWIREのメンバーBRUCE GILBERTとGRAHAM LEWISによるプロデュースで発表した唯一のアルバムが、今年37年ぶりにダブリンのレーベルALLCHIVALから再発されました。あわせて日本国内仕様のCDがリリースされることになり、封入されるライナーノーツを私藤井が担当させていただきました。国内盤の発売日は7月初旬。ディスクユニオンでは予約が始まっています。 glad to announce that I have written the liner notes for the Japanese edition CD of the legendary Irish street musician Michael O'Shea's self-titled album, reissued by Dublin label All City's AllChival imprint.



マイケル・オシェイの82年エキゾチック・ミニマム・アンビエント唯一作がCD化
帯ライナー付国内盤仕様 解説:藤井友行

...


2019年6月2日日曜日

[243.1] Tomoyuki Fujii - Hamon Radio #127



2017年11月の開局から、バレアリック・ミュージックを中心にノマドスタイルでライブ・ストリーミングを発信しているインディペンデント・ウェブラジオ「Hamon Radio」。共同設立者のShungoさんと、Maaさんより声をかけていただき、1時間のミックスを提供させていただきました。現在この2人と、エンジニアやビデオディレクターなどを含め、7人体制で運営されているそうです。国内外からスペシャルゲストを迎えたこれまでの公開収録の模様がYouTubeとMixcloudで視聴できるほか、Ban Ban Ton Tonの特集ページ(banbantonton.com/tag/hamon-radio/)では、開局までの経緯や基本理念、クルー各々がポリシーに掲げるトラックなど興味深いインタビュー記事が公開されていますので、ぜひあわせてチェックしてみてください。Shungoさん、Maaさん、選曲する機会をくださりありがとうございました。


happy to share a new mix of mellow guitar, relaxed beats, and dreamy ambient music for Tokyo based independent internet radio station Hamon Radio. mixed and recorded while feeling the pleasant breeze in mid-May. please visit their official YouTube and Mixcloud pages for the archive of live broadcast videos and mixies, and also Ban Ban Ton Ton page for an interview with two co-founders by Dr Rob. many thanks to Shungo-san and Maa-san for inviting me.



tracklist:
Bronco - Road Boy Blues
KB - If You Were There
S.E.N.S. - Daydreaming
Joseph Shabason - West of Heaven
Absent Without Leave - Sudden Change
Tamao Ijima - Dusk 'Til Dawn (Reprise)
Spoonfed Hybrid - Stolen Clothes
Natural Calamity - Stoned Window
Cinq - Call At 8:15 A.M.
Eco - Wave
Tsuki No Wa - On Mother's Day
Harmoniser - Stopover
Candeias - Casas De Invierno
Lee Byung Woo - My Painting
Thalassing - Ophion Resounds

Hamon Radio
independent internet radio station based in Tokyo, Japan