2017年8月16日水曜日

[144] Gilroy Mere - The Green Line


Label: Clay Pipe Music

Catalog#: pipe 016
Format: Vinyl, LP, Album
Country: UK
Released: 2017
pre-order

イースト・サセックスに構えた自宅スタジオを拠点に活動する音楽家Dollboy aka Oliver Cherer(オリバー・チェラー)の別名儀Gilroy Mere(ギルロイ・メア)による新作が、ロンドンのスモールプレス・レーベルClay Pipe Musicよりアナウンス。1930年代から80年代中頃まで、ロンドン中心部と郊外の田園地帯を結ぶ交通手段として住民に親しまれた緑色のバス「グリーンライン」へのオマージュを込めて制作された、追憶と空想の旅のためのサウンドトラック。リリース日は9月15日予定。


南ロンドンの郊外で幼少期を過ごした私は、赤いバスが街に入り、緑色のバスが出て行くのを見ていた。グリーンラインはロンドン住人をケントやサセックスやボックスヒルへと運んだ。私の道は街と田園の境界線のようだった。全て赤レンガのチューダー様式か1930年代のモダン様式で造られたデタッチド・ハウス(一戸建住宅)とセミデタッチド・ハウス(二戸建住宅)が、終わりのない夏の日、私が乗るバスの通りすがりにちらっと見えた。その家々には屋号が付けられていた。ウィンドワード、フェアアイル、ハイ・ツリーズ、ダンロアミン、シェ・ヌー、ウッドランズ、ヒルクレスト、ヒルサイド、ザ・ローレルズ、サニーサイド、ザ・ビーチーズ、スプリングフィールド、フェアビュー、ウェイサイド、オークランド、ツリートップス、ローズ・バワー、ザ・オールド・スクール・ハウス…… この「グリーンライン」は、緑色の1・2建てバスに乗った、幼少期の旅の思い出として書かれている。ジャンクショップ、チャリティーショップ、カーブートショップで我慢できずに手にして、生涯にわたって貯まっていった楽器や古い電子機器を使い、サセックスの自宅スタジオで録音した。これら楽曲は、ひとりのイギリス人少年が郊外の自宅へ向かう旅途の風景・音・停留所を表し、全ての楽曲でひとつの旅として考えられている。ロンドンの郊外から、海が見えるウィールドやダウンズへ。ロンドンバス博物館で現在保存されている実際のバスRLH48を経由して、苔で覆われたベンチと古びたイチイが立つ教会墓地がある名のない村の緑へ。バスは家へ向かって進む。 - オリバー・チェラー


...



2017年8月11日金曜日

[143] James Maloney - Gaslight


Label: Moderna Records
Catalog#: MR013
Format: CD, Album
Country: Canada
Released: 2017
DISCOGS  BUY

1 Seascape 2:34

2 Blink 5:40
3 Gaslight 3:26
4 Intertwine 4:01
5 Lament 2:58
6 Gambetta 3:04
7 Afterglow 3:35
8 Full Colour 2:01
9 Rise Slowly 2:09
10 Angel Wings 5:07

James Maloney(ジェイムズ・マロニー)はオックスフォード大学で音楽を学び、2011年に卒業した後、ミニマル・コンポジションとソングライティングに進むべき道を見出だし、それが「Gaslight」のサウンドとスタイルに繋がりました。このアルバムは、古いピアノを中心に、トランペット、ヴィブラフォン、グロッケンシュピール、微細なエレクトロニクスによって構成された活力に満ちた作品集です。ミニマリストの領域へ踏み入れる彼の輝かしいデビュー作は、シネマティックなオーケストレーション、ポストロック、メロウジャズ、モダンクラシカルからの影響が巧みに織り込まれ、広々とした雰囲気と、鮮やかな音色と心地よい和音、丹念に作り込まれた冒険的な音世界によって特徴付けられています。


James Maloney (b.1989) is a composer and producer based in London. He releases solo work, and writes music for film and theatre. In his solo work, he experiments with old instruments, and electronics.  On July 7th 2017 he is releasing his debut solo album, Gaslight, on Moderna Records - it's a minimalist, instrumental record, made with old instruments recorded very late at night. He's currently the Music Associate at Shakespeare's Globe Theatre, where he's to compose the score to Much Ado About Nothing, directed by Matthew Dunster, in summer 2017.  His work in film includes music for Open Palm Films, Shape History, Major Tom Productions, and others. He's originally from Birmingham and studied music at Oxford University, where he graduated with first class honours in 2011.


...



2017年8月10日木曜日

[142] Albert Falzon - Kumbha Mela



「Morning Of The Earth」「Crystal Voyager」などのサーフフィルムで知られるオーストラリアの映画監督Albert Falzon(アルバート・ファルゾン)が、80年代初頭のインドで、ヒンドゥー教最大の沐浴祭クンブメーラをはじめとする宗教行事を巡り、カシミールの灌漑水路をボードで辿る旅の風景を映像化した「Kumbha Mela」より、カシミールのパートを抜粋したVHS作品「Same As It Ever Was」(Hendring, 1987)。サウンドトラックは、Brian Eno & Harold Budd「The Plateaux Mirror」「The Pearl」と、Brian Eno「On Land」から選曲。現実と幻想を媒介する鏡面界のエキゾチズム(楽園思想から隔絶した無宗教的世界の漂泊感覚)を醸し出すEnoとBuddの音楽と、水辺の風景のスローモーション映像がよくあっていて、Eno本人も「これ以上自分の音楽にふさわしい映画はほかに見たことがない」と賛辞を呈したとのこと。


2017年8月8日火曜日

[141] After The Flood - After The Flood 2


Label: æ

Catalog#: æ6
Format: CD, Album
Country: US
Released: 1998
DISCOGS

1-1 Herald 6:40

1-2 Touching Still 5:04
1-3 Misdeem 5:03
1-4 Mother Resounded 2:45
1-5 Hand In Hand 3:59
1-6 Perhaps Good, Not Understood 4:45
1-7 To See You Fall 5:16
1-8 Just As Well 6:12
1-9 Follow Sun Ra 4:56
1-10 Beyond The Latter 4:02
2-1 So Near, So Far 6:16
2-2 Fecund Now 3:32
2-3 Inch Meal 5:19
2-4 We Believe You 3:17
2-5 Left Of Wane 6:09
2-6 Mire Image 2:54
2-7 Lo, Artemis 4:35
2-8 So Inscribed, The Changing Story 5:26
2-9 Amethyst 12:07
2-10 Constellated And Consummated, Then 3:46

環境音やファウンドサウンドにフォーカスした00年代以降の実験音響〜フォノグラフィ・シーンの中核的人物の一人、シアトル在住のサウンド・アーティスト兼グラフィック・デザイナーDale Lloyd(デイル・ロイド)が、and/OAR設立以前に運営していたレーベル æ から1998年に発表したAfter The Floodのセカンドアルバム。ロイドを中心としたこのATFは、彼の友人の音楽家らによる不定形の地下レコーディング・プロジェクトとして89年にスタート。91年にCaroline Davenportとの共同レーベルMannaからセルフタイトルのカセットテープを発表。そのリミックスCDの再リリースを経て、96年から再びレコーディングに着手した本作には、Cindytalk、Bowery Electric、Windy & Carl、Labradford、His Name Is Aliveといった英米インディの錚々たる面々がゲスト参加。ロイドのロック方面のバックグラウンドや当時の多角的な人脈から生まれたコラボレイティヴ・ワークの集大成にして、トリップホップ〜スペースロック通過後の米版「This Mortal Coil」とも言うべき趣向をもつアルバムであり、曲単位ではゲスト毎にアプローチを変えつつも、全編にわたりダウナーでミステリアスな空気に統一された陶酔的アブストラクト・サウンドが展開されています。


After the Flood was a recording project that featured an ever-changing rotation of contributors centering around producer Dale Lloyd. ATF informally began in 1989 as a series of basement recordings made between Lloyd and friends. ATF's self titled debut was later released on cassette in 1991 on Manna, a recording label founded by Caroline Davenport and Dale Lloyd which operated from 1990 to 1992. The first ATF release featured contributions from members of My Diva, Sage, Sky Cries Mary, The Blackouts, Biota, Forever And A Day, Agra Mecca, Control Freak, Maxine, Vertigo Bus, and Sound Color. In 1993, Clark Von Trotha and Lloyd formed the æ label and in 1995 the first ATF release was reissued, remixed and remastered on CD with newly recorded tracks replacing some of the original ones. Following the success and warm reception of the first release, in 1996 work began on a second ATF entitled "After The Flood 2" which  featured ontributions from members of Cindytalk, Bowery Electric, Windy & Carl, Labradford, Climax Golden Twins, Lucid, My Diva, and artists Cyndia Pickering who (later changed her name to Sylvi Alli), Marc Olsen (Sage, Sky Cries Mary), Warren Defever (His Name Is Alive), Mark Holt (later changed name to Mark Wand - Sound Color, Trick Deck), Maxine and Steve Ball (League Of Crafty Guitarists).


...



2017年7月24日月曜日

[140] Ed Hartman - The River


Label: Olympic Marimba Records
Catalog#: -
Format: Digital, Album
Country: US
Released: 2014 (1986)
DISCOGS

1 Prelude in G 2:31

2 Sarabande 1:45
3 Improvisation for Klaus 7:20
4 First Flight 3:17
5 River, Pt. 1: In the Woods 6:32
6 River, Pt. 2: At a Stream 3:47
7 River, Pt. 3: Down the River 7:52
listen sample

The album was originally released in 1986 on vinyl. The music has found itself a home in many unusual places, including film and television programs, websites, ringtones, ambient radio programming, etc. The music on this album is a combination of classical, flamenco, minimalistic, folk, acoustic, electronic and original styles. Side 1 (Tracks 1 - 4) was recorded direct to two tracks, and demonstrates various techniques for marimba and vibraphone that can be derived from guitar, piano and string music. Side 2 (Tracks 5 - 7) is a multi-track voyage down an imaginary river. The vibraphone was recorded at MacDonald Park, in Carnation, WA, next to the Snoqualmie River, using a Nagra portable tape recorder (state-of-the-art reel to reel at the time). Additional tracks were then incorporated in the studio. The result is a finished work based on an improvisation. The piece can and has been performed live, using delay equipment. Turn up the HI-FI or out your over-the-ear headphones, and take a trip down "The River"!


[related]

2017年7月13日木曜日

[139] Pepe Maina - Winter Sea


Label: Nonsense Studio

Catalog#: -
Format: CD, Album
Country: Italy
Released: 2017

1 Fire 9:53

2 Mekon Temple 5:31
3 Pareidolia 6:56
4 Snakewind 5:11
5 Flying Cow 5:38
6 Molybdomancy 6:39
7 The Seven Sages 5:55
8 Tales of the World 6:41
9 Nana Cuncheta 4:21
10 Mekon Temple (Reprise) 1:51

シタール、タブラ、シンセサイザー、フルート、ギター、中国琴など多くの楽器を弾き熟す多能ぶりから「イタリアのMike Oldfield」とも呼ばれるミラノ生まれの音楽家Pepe Maina(ペペ・マイナ)。地中海プログレ作品で知られるアスコルトから発表された「ハープとフルートの歌」や、自身の住む村にちなんで名付けた自主制作盤「Scerizza」といった初期作品が特に知られていますが、80〜90年代にかけては、ナンセンス・スタジオを拠点に、数えきれない程のドキュメンタリー向けサウンドトラックや演劇・コマーシャルの音楽を制作。2000年代以降はサウンドトラックの仕事から離れるかわりにアルバム制作に専念し、時代のトレンドに流されることなく、マイペースに、しかし年1・2枚というハイペースでセルフプロデュースによる作品を発表し続けています。Jade Warriorから多大な影響を受けたというマイナの作風は、初期から今に至るまで大きく変わることなくフォーキーなプログレッシブ・ロックのフォームが基本となっており、作品はあるテーマに基づく架空のサウンドトラックという演出で制作され、一作品毎に物語性を完結させつつも、すべての作品を連ねて壮大な世界地図や絵巻物を生すかのような、ライフワーク的な姿勢も感じさせます。この「Winter Sea」は、冬の海の散歩や季節の変化をテーマとした最新アルバム。北イタリアの伝統的な子守唄のアレンジ、地中海〜アジア的スケールのメロディ、サンプルやエレクトロニクスを織り交ぜ、「Snow」「Winged Fever」「Strange Morning」といった自身もフェイバリットに挙げるアルバム同様に、ドリーミーでオーガニックなインストゥルメンタル・ミュージックをきかせる充実作です。現在マイナは、70〜80年代の未発表音源のリマスタリング作業を進めていて、それらは後に回顧アルバムとして発表される予定とのこと。


The music created by Pepe Maina here are like little wonders, pretty fantasies of progressive wonder that comes across so colorful and in touch with the fairytale side of life as well as nature. It’s so hard to describe it in a way that is justified, just think of music that takes you away into wonderland; a place on a beautiful planet where everything is gorgeous, peaceful and headaches don’t even exists!


...



2017年7月4日火曜日

[138.1] The Oddlogs




two hours post-ambient mix for The Oddlogs
thanks for your listening.

The Oddlogs
monthly show on the French Radio LYL
hosted by Aki Yamouridis

2017年7月2日日曜日

[138] Sunset Diver - SD


Label: Patient Sounds

Catalog#: PS088
Format: Cassette, Album
Country: US
Released: 2017

1 Sailing 2:57

2 Cabiria 15:30
3 Pavlava 4:21
4 Thicket 3:22
5 Sunken Treasure 5:37
6 Coat 6:53

浜辺で見つけたプラスチック製の漂流物から空想する、海の向こうの土地や、ここに流れ着くまでの道筋。漂流物は波で磨かれて小さな石と同化し、次第に砂粒に紛れて自然の中に吸込まれてゆく。深海が記憶や夢の果てなら、浜辺は物語が辛うじて形をとどめながら蓄積しているところ。ブルックリンの作家Devin Johnson(デヴィン・ジョンソン)のソロプロジェクトSunset Diver(サンセット・ダイバー)による最新作は、そんな浜辺に散らばる淡い夢の断片を想起させる、ノスタルジックでエキゾでサイケデリックなテープループ〜コラージュ・ポップの秀作。M. Sage主宰のスモールプレス・レーベルPatient Soundsより1月末にリリース。下のビデオは、Naps「Work」と同期再生を推奨したもの。


...




2017年6月30日金曜日

[137.1] Oceanic feeling




as personal memories, mixed in Mar 2017
thanks for your listening
...

2017年6月25日日曜日

[137] Stephen Scott - New Music For Bowed Piano


Label: New Albion
Catalog#: NA 004
Format: Vinyl, LP, Album
Country: US
Released: 1984
DISCOGS

A1 Rainbows Part 1 5:45

A2 Rainbows Part 2 9:04
A3 Music Three For Bowed Strings 5:35
B1 Music One For Bowed Strings 7:25
B2 Resonant Resources 11:06

1台のオープングランドピアノを10名の演奏者が折り重なるように囲み、ナイロン製の釣り糸やゴムテープ、馬蹄、ギターピック、指爪、ピアノハンマー、ミュート装置などを使って内部を奏でることで、ピアノの音響装置としてのポテンシャルを引き出した革新的ミニマル・アンサンブル。ディレクターはコーバリス出身の作曲家Stephen Scott(スティーヴン・スコット)。1969年から教鞭を執るコロラド大学で77年に結成。退職する2014年まで、およそ37年にわたってメンバーチェンジを重ねながら同大学内グループとして活動を続けてきました。スコットはCharlie Parker、Miles Davis、Thelonious Monkといったジャズの作曲家から影響を受け、クラリネットとサクソフォンを演奏していましたが、1970年代にポリリズムのドラム演奏を学ぶために訪ねたガーナでSteve Reichに出会い、また帰国した後に聴いたTerry Rileyのアンサンブル曲に感化されたことから、ミニマルな作風へとシフトしたといいます。76年にCurtis Smithによる釣り糸を使ったピアノ演奏から、「いくつかのプレイヤーがピアノの弦を同時に鳴らし、持続した和音を生み出す」というアイデアを着想。アンサンブルのための作曲と同時に、数々のツールの製作と実験、演奏方法の試行錯誤を経て、84年に初期成果の集大成として発表したアルバムが本作「New Music For Bowed Piano」。A1-B1は小刻みなスタッカートとサステインコードを往来しながら、この作曲家特有の美しい和声進行と鈍い金属質の音響をきかせるボウド・ピアノのライブ演奏。B2では釣り糸ではなく電磁石が使われ、複数の弦を共鳴振動させるという音響実験的なアプローチから、ピアノとは思えないほどミクロなサウンドを引き出しています。下の動画は、スコットの退職に際して行なわれた2014年の回顧コンサートの模様。この後半に演奏された壮大な組曲「Vikings Of The Sunrise」では、内部にさまざまな仕掛けが張り巡らされたピアノと所狭しと立ち代わる演奏者の様子を確認できますが、フォーメーション・奏法の複雑さ故の不意なたどたどしさや不安定さにともなうスリルも、観客の目耳を引きつけるパフォーマンス性の助長となっているように感じられます。


I first became aware that one could bow the strings of a piano in 1976, when I heard David Burge play a composition by Curtis Curtis-Smith. This was a solo piano work, played mostly on the keyboard but utilizing also some prepared piano techniques. One striking effect was produced by drawing nylon fish line across the strings. I was captivated by the sound and began immediately (before David's performance was over as I recall) to imagine the sound of several players bowing a piano's strings simultaneously, thus producing sustained chords. Thus was born the first composition for ensemble-bowed piano, Music One for Bowed Strings, which I completed in 1977 and performed that year with the Colorado College New Music Ensemble. It should be stressed that all of the sounds heard in the ensemble pieces are produced by the piano strings; no electronics or other sound producing devices are involved. The recordings are made "live" exactly as they are performed in concert. - Stephen Scott


...



2017年6月21日水曜日

[136] Hani Hanbali & Earl Grey - Australian Ambience




オーストラリア産アンビエント・ミュージックの新旧音源に焦点をあてた、2人のDJによるミックス。シドニーを拠点に活動するHani Hanbali(ハニ・ハンバリ)によるサイドAは、フィールド・レコーディングを取り入れたニューエイジ〜現代音楽、パプアニューギニアやソロモン諸島といった近隣諸国の民俗音楽など、1976年から96年にかけてリリースされたレコードからセレクト。シドニーのレーベルKen Oath Recordsの主宰者でFreda’s BarのレジデントDJを務めるEarl Grey(アール・グレイ)ことNik Thorup(ニック・ソラップ)によるサイドBは、彼の友人たちによって2015-17年の間にプロデュース/リミックスされたエレクトロニック・アンビエントからセレクト。クロージング・トラックのDan White "Fearless Freak" は、昨年Cry Baby Recordsから12" EPとしてリリースされた、エモーティヴで美しい1曲です。このミックスを収録したカセットテープは、メルボルンのレコードショップSkydiver Recordsからローカル限定で販売されているとのこと。


2017年6月19日月曜日

[135] Pierre Mariétan - Rose Des Vents


Label: Mana

Catalog#: MANA 1
Format: Vinyl, LP, Album
Country: UK
Released: 2017 (1987)
DISCOGS

A Rose Des Vents – IA 25:06

B Rose Des Vents – IB 23:55
C Rose Des Vents – IIA 25:23
D Rose Des Vents – IIB 27:25

スイス・モンテー出身の作曲家Pierre Mariétan(ピエール・マリエタン)が、1981年にフランス政府の委嘱を受けて制作、83-84年に実験的なラジオプログラムとして放送された後に、87年にプライベートリリースされたLP版「ローズ・デ・ヴァン(羅針盤の意)/アクシオン・ムジカル」。「都市空間に根付く音の遺産をめぐる7日間の探査」という構想に基づき、フランス全土に点在する村や町を訪ね歩いて録音した、市場、教会、鉄道駅、運河などの風景音や動物の鳴き声、周辺環境に関する住民の声をモンタージュし、都市に潜在する物語や心理的景観を、1時間40分に及ぶひと続きのサウンドスケープ・ミュージカルとして描き出した作品。さまざまな風景描写の間に差し込まれるピアノ、シンセサイザー、フレンチホルン、サクソフォンの短く印象的なパッセージは、マリエタンが率いる音楽研究グループGERMのメンバーの演奏によるもの。


First commissioned by the French Government in 1981, the LP Rose Des Vents. Action Musicale evolved out of a six year project by Swiss composer Pierre Mariétan to document and musicalise the sound environment of urban landscapes within France, creating an inter-geographical auditory map of cities and townships located in the suburban reaches of Paris, including Bezons, Herblay, Montmagny and l’Isle Adam.

Through a mix of field recording, interviews, vegetable market catcalls, braying animals and urban hubbub, Mariétan paints a broad, psycho-acoustically vivid and decentralised profile of metropolitan life from the period; carried to the ear through a coupling with musical studio performance and serialist compositional technique. Over an hour and forty minutes, the recording provides an intersectional and ambient passage through environmental and urban narratives, the radiophonic voice of Ana de Carvalho offering fleeting, poetic orientation with announcements of each titled scene, divining and evoking the sonorous qualities of each landscape as it comes into focus. Each scene tangible yet non-specific, the artist arranging and signalling the possibility of civic and pastoral space as a musical container for spontaneous, sonorous interactions.
Mariétan’s profile is of a rigorous yet open and exploratory composer, utilising principles of chance and curiosity in organising found sound and often negotiating or encouraging encounters with improvisatory gesture or incidental and occurring sound. In 1966 he established the outfit GERM, grouping composers and musicians dedicated to developing new meeting points between composition and improvisation. Members assist in contributing recordings and performances throughout Rose Des Vents, including musical passages on piano, synthesizer, horn and saxophone. These studio pieces, played on saxophone by Daniel Kientzy or piano by Gerard Fremy, recall and redeploy techniques developed over the lifespan of the project, where site specific actions and concerts were performed within each of the towns.
In many ways, the album is a folding of each facet of the author’s life and work into a single representative culmination. A sympathy towards radiophonic or documentary production values is recognisable—Mariétan produced two iterations of Rose Des Vents. Action Musicale for Alain Trutat and Jean Tardieu’s ground-breaking Atelier De Création Radiophonique on Radio France Culture ahead of this LP release—alongside the influence of his work in urban acoustics and research into forms of sound ecology. So too is the obvious pleasure taken in introducing the sweetness of music to children, with notable samples from his educational workshops and sound installations helping to internalise and evoke a sense of inquisitive delight.
It’s these components, combined with themes and concerns about the acoustic environment that resonate 30 years later and establish Rose Des Vents as such an approachable, listenable and lovely piece of experimental sound art. The conjuration of an emotional or psychological plane through musical and metaphorical synthesis allows the listener to situate themselves within the montage in a near cinematic manner, discovering an underlying sonority embedded in the psychic atmospheres of communal life.

...



[related]

Continuo's weblog: Pierre Mariétan – Rose des Vents

2017年6月11日日曜日

[134] Martin Wester & Bernhard Hering - Klangräume


Label: Herkules Records

Catalog#: H-10033
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Germany
Released: 1986
DISCOGS

A1 Flächen 1:28

A2 Kristalle 1:21
A3 Galaxien 1:49
A4 Dämmerungen 1:36
A5 Stimmen 1:34
A6 Schwebungen 1:52
A7 Tiefen 1:36
A8 Träume 1:17
A9 Nebel 1:23
A10 Tagträume 1:36
A11 Höhlen 1:48
A12 Bewegungen 1:41
B1 Erwachen 1:58
B2 Wärme 1:54
B3 Herzschlag 1:51
B4 Flüsse 1:52
B5 Gefühle 1:40
B6 Gefahren 1:13
B7 Tiefsee 1:09
B8 Akzente 1:19
B9 Juwelen 1:21
B10 Sehnsüchte 1:21
B11 Landschaften 1:30
B12 Perspektiven 1:25
B13 Bumerang 1:12

マインツ出身のギター奏者Martin Wester(マルティン・ウェステル)と、同郷出身のビブラフォン/ドラム奏者のBernhard Hering(ベルンハルト・ヘリング)は、80年代初期からスペースロック・バンドArmadillo Texasや、パントマイムとジャズをミックスさせたBig Banana Comboなど、ローカルのアンダーグラウンド・シーンで活動後、映画音楽の道へ進んだ作曲家コンビ。85年に映画音楽専門プロダクションKlangräume(クランホイム:soundroomsの意)を立ち上げ、ドイツ国内大手の音楽ライブラリーとして30年以上にわたって数多くのサウンドトラックやジングルを制作。この「Klangräume」は、スタジオを設立して間もない86年に、カッセルのジャズ・レーベルHerkules Recordsからリリースされた、コンピとして初のライブラリー作品。ウェステルが操作するシンセサイザーとギターの緩やかなスウェル奏法、ヘリングのビブラフォンとウィンドチャイムの金属音が緻密に重ねられ、光の加減や色合いをゆっくりと変えてゆく、透明でアコースティックな響き。「クリスタル」「銀河」「白昼夢」「洞窟」などのタイトルが付けられた全25曲は、いずれも1分30秒〜2分と短く、曲の間には無音部分が設けられてはいますが、全編質感が統一されていて、各面がひと続きの組曲のような仕上りです。実験的な手法やテクスチュラルな音響を志向する音楽家にとって好適な創作の場であったライブラリー・レコードの中でも、ミニマル・ミュージック〜アンビエント路線の屈指の成果として挙げたい一枚。


...



2017年6月6日火曜日

[133] Mushi & Lakansyel - Koté Ou?


Label: Granit Records

Catalog#: GR002
Format: Vinyl, LP, Album
Country: France
Released: 2017 (1983)
DISCOGS

A1 Port Salut 7:15

A2 Sab Lan Mé 5:10
A3 Distances 8:20
B1 Kalalou 9:45
B2 Tout S'En Va 3:10
B3 Saut Mathurine 5:25
B4 Koté Ou? 5:15

祖父はハイチでジャズを初めてレコーディングしたRicardo Widmaier、父は伝説的シンガーでラジオ局メトロポールの創設者Herbert Widmaierというジャズ音楽一家に生まれ育った、ドラマー兼シンガーJoël Widmaier(ジョエル・ウィドマイヤー)とピアニストMushy Widmaier(ムシー・ウィドマイヤー)。その兄弟が中心になって1982年にポルトープランスで結成、当地のダンス・ミュージック=コンパとジャズ、ファンクを融合し、新世代ジャズシーンを先導したグループがZèklè(ゼクレ)とLakansyel(ラカンシエル)。名前はそれぞれ「光」と「虹」の意。2つのグループは、ウィドマイヤー兄弟が作曲、Ralph Boncyが作詞、その他のレコーディング・メンバーも多くが共通していますが、ジョエル主導の「Joël + Zèklè」がダンスシーンにアピールするポップなサウンドであったのに対して、ムシー主導のLakansyel名義でリリースされたこの「Koté Ou?」は、彼らが共感していたECM、特にPat Methenyを思わせるコンテンポラリー・ジャズ/フュージョンを指向したアルバム。ピアノ、ホーン、ストリングスシンセのアレンジによって作り込まれた洗練されたバンドアンサンブルと、切なげに歌い上げるジョエルのボーカル曲。女性が浜辺を一人歩くカバー写真の世界観そのままに、メランコリックで甘美なサウンドを打ち立てた、現役クレヨール・ジャズ名手の初期名演を、フランスのレーベルGranit Recordsが34年振りにヴァイナルでリイシュー。リリースは6月予定。


「Koté Ou?」プロジェクトは感情的に瞬間や場所と結びついています。2人の友人PhillipeとChantal Simpsonはレカイへの旅行中に "La Nationale No 2" で命を落としました。Phillipeは、Ralph Boncy、Joël、Raoul Denis Jrと私でレーベルZèklè Musicを立ち上げた最初のメンバーでした。当時、音楽シーンには変化が必要で、Zèklè Musicはその変化をサポートする革命的なプラットフォームでした。Zèklèは別のアプローチをとっていました。その音楽はメインストリームから外れていました。Zèklèのミュージシャンのほとんどは、共通する音楽的な価値観をもって集まりました。私たちの音楽は、クラシック、コンパ、フォーク、ロック、ソフトロック、ポップス、ブラジル音楽、フランス音楽など、音楽教育とバックグラウンドの影響から生まれました。ジャズは私たちの世界にありふれていました。Herby Widmaier、Frantz Courtois、Gerald Merceronからの影響も、私たちのスキルを磨くうえで重要でした。グループの3人のメンバーはハイチのラジオ局周辺で働いていました。ラジオでプレイされる多数の異文化音楽のスタイルは、私たちの地理的条件から直接与えられた遺産であり、私たちの歴史から生じた文化的二元性でした。私たちにとって音楽に国境はなく、それよりも「好きか、そうではないか」というだけで、その評価基準はグループ国籍や人種とは無関係でした。Zèklèのファーストアルバムがリリースされたとき、私たちは批評家から「カリブのウェザーリポート」と呼ばれ、それは私たちの曲「Caribean Report」に繋がりました。一方、国際的なジャズシーンでは、私たちはECMレーベルによりプロモーションされる新しいスタイルの登場に注目していました。それはジャズの分野でよく知られていますが、彼らにはモットーがありました。Pat Metheny、Keith Jarret、Mal Waldron、Gary Burton、Paul Motian、Charlie Haden、Jan Garbarekらの「沈黙の次に美しい音」は、共通の美学的な枠組みを共有していました。クリスピーなニュアンスのあるレコーディング・サウンドと、ほとんど "スウィング" しないアーティストのオリジナル楽曲。Nana Vasconscelos、Egberto Gismonti、Anouar Brahemのようなワールド・ミュージックとの明確なリンクがあり、批評家は "ニューエイジ・ミュージック" の先駆けと評しました。Herby Widmaierとハイチの時代にスタジオで録音されたMarius Cultier(Mazurka-beguine)や、Ralph Tamarと一緒に録音されたMariusの2枚目のアルバム(Tamarにとって初録音)のような、カリブの仲間達からの影響も忘れられません。私は個人的に、Mariusがカリブのクレヨールジャズの偉大な作曲家でありピアニストだと思います。結論として、ZèklèとLakansyelは同じ屋根の下にある異なるプロジェクトの名前です。前者は商業的なポップロック指向で、後者はよりジャズやワールドミュージックに基づいています。これら2つの流れは後に合流しました。Zèklèの最新アルバム「San Mele」では、ZèklèとLakansyelは1つになり、私たちがクレヨール・ジャズと呼ぶものに近くなりました。 - ムシー・ウィドマイヤー 


...


[related] グアドループ島のラジオ局Luc Michaux-Vignesの音楽プログラム「Mundo Afro-Latino」で、ウィドマイヤー兄弟をゲストに迎えたZèklèとLakansyelの特集回。1987年放送。



2017年6月2日金曜日

[132.1] SD 音と生活空間




SD スペースデザイン・建築と芸術の総合誌
第7号 1965年7月
space design, monthly journal of art and architecture
No.7 July 1965
special feature: Living Spaces and Music

特集 音と生活空間
・SILENCER(グラビア) 構成/杉浦康平
・音と生活空間 あるいはデザインする音楽序論 秋山邦晴
デザイン無き音の氾濫 日本的生活空間の音の演出
音楽におけるデザイン確立の意義 作曲家の課題
・楽器は世界をかけ巡る 小泉文夫
・物売りの声考 辻亨二
・噪音と間の発見 現代の音環境と日本音楽の伝統 一柳慧
日本の音─いまそれが実在するか すれちがう西と東の関心
楽音の枠はのりこえられねばならない 噪音と間の交錯─日本音楽の魅力
ほか

・付録 ソノシリーズ1 武満徹「水の曲 第1部」

昭和40年7月1日発行
編集長 平良敬一
出版 鹿島研究出版会

2017年5月30日火曜日

[132] va Looking East: Bulgaria


Label: Erdenklang
Series: Looking East - Electronic East
Catalog#: 29542
Format: CD, Compilation
Country: Germany
Released: 1992

1 Vladimir Djambasov - 33:8 4:32
2 Vladimir Djambasov - Breath 4:17
3 Ljubomir Velev - My Aunt Has 3:05
4 Ljubomir Velev - Sunbirth 6:34
5 Ivan Vulkov - A New Song 2:55
6 Lubomir Denew - Submarine Life 4:34
7 Lubomir Denew - Piano Deformations 4:52
8 Danail Draganov - Somethin' Isn't Enough 3:39
9 Simo Lazarov - Nature 4:08
10 Simo Lazarov - Voices 5:04
11 Krasimir Timov - Legend 3:10
12 Sergey Djokanov - Thracian Heros 5:21
13 Sergey Djokanov - Haven 4:27
14 Sergey Djokanov - The Last Supper 2:23
15 Anguel Kotev - A Game 4:23
16 Anguel Kotev - Morning Dew 5:02
17 Anguel Kotev - A Song 4:49

ポーランド、東ドイツ、ハンガリー、チェコスロバキア、ブルガリア、エストニアといった、旧ソ型社会主義体制下にあった東ヨーロッパ諸国のシンセサイザー音楽にスポットを当てた、全6作にわたるコンピレーション・シリーズ「Looking East - Electronic East」のブルガリア編。レーベルは81年に独ディープホルツを拠点に設立された、Innovative Communicationと並ぶハイテック・ニューエイジの名門Erdenklang。当地の電子音楽分野を切り開いたSimo Lazarov(シモ・ラザロフ)を筆頭に、バルカン半島の複雑なリズムや旋律を織り交ぜたVladimir DJambasof(ウラディミール・ディアンバソフ)、フォークバラッドをフィーチャーしたLjubomir Velev(リュボミール・ヴェレウ)やSergey Djokanov(サーゲイ・ディオカノフ)など9名の作曲家による、プログレッシヴ・ロック、ニューエイジ、ジャズ、とりわけ民俗的要素と結びつくことで独自の進歩を遂げたブルガリアのシンセサイザー音楽を、作曲家ごとのバイオグラフィとともに紹介。選曲・監修はAnguel Kotev(アンゲル・コテフ)。

ブルガリアでは、ラジオスタジオの1つが充分な機器を備えた1977年になってはじめて、電子楽器を音楽に組み込むことが可能になりました。そのスタジオで最初に働き、同時に他の音楽家を育て上げたのはシモ・ラザロフでした。彼はその後の数年間、新しい可能性を用いた作品制作に強い興味をもつ音楽家たちから注目を集めました。間もなくして、他の音楽家は独立して活動できるように各々のスタジオを探しはじめました。これに関連して、他の音楽家のレコーディングを支えたFSBグループのスタジオについて言及する必要があります。この数年、ソフィアではディレンマとクラスのグループがスタジオを設立しました。電子楽器を駆使した実験主義の音楽家に加え、現在ブルガリアでは多くのポップ〜ロック界の音楽家が現代的な電子機器を使っており、MIDIはもはや外来語ではありません。このCDで紹介された音楽家が、まったく異なる経路から電子音楽に至ったことは注目に値します。先述のシモ・ラザロフと、サーゲイ・ディオカノフの場合、その原動力は当初からエレクトロニクスへの関心でした。他の音楽家、例えばアンゲル・コテフは、音楽学校で十分なクラシックのトレーニングを受けた後、エレクトロニクスとコンピュータの実験的な可能性に惹かれました。最後に、1989年の秋、ゴツェ・デルチェフの街の小さな作曲家グループが、ブルガリア初の国際電子音楽祭を成功させたことは特に強調したいです。- アンナ・マリア・トンコワ

...

[related]
Simo Lazarov - Nature (Balkanton, 1988)

Sergey Djokanov - The Green Desert (Balkanton, 1985)

2017年5月28日日曜日

[131] TV Victor - Deep Entry



私はグルーヴのない音楽を聴くこと、作ることが好きです。音楽で空想の空間を作りたい。音の聞こえない音響次元の旅へリスナーを誘う、もっと抽象的でナラティヴな音楽。その旅ではリズムは邪魔になります。リズムはあまりに具象的で窮屈です。2005年に、私はディープ・アンビエント・プロジェクトを始めました。音の素材を100%までピッチダウンして音の時間を拡大する「タイム・ズーム」という手法で作曲しています。素材とはまったく異なる体験が広がります。この音楽はTV Victorの必然的な発展型だと思います。 - ウド・ヘイトフェルド 


Udo Heitfeld began with the guitar at age four, but studied piano until the influence of experimental electronic music took hold of him in the 70′s. When Heitfeld moved to Berlin in the early 80′s, he became vital parts of diverse projects within Berlin’s underground art scenes, the most significant one of which was the heavily rhythmic and hypnotic Ethno-oriented No Zen Orchestra. Their CD was released in 1988 via Tresor’s parent label Interfisch. Heitfeld’s first solo productions started in 1990 under his TV Victor pseudonym, the first fruit of which was the “Moondance” album (Interfisch): experimental music with classic Pop structures but more an indicator of his move in more Ambient directions.



Udo Heitfeld aka TV Victor

2017年5月27日土曜日

[130.1] 季刊デザイン 音




季刊デザイン14号 1976・夏
a quarterly review of design │ summer 1976
special feature: Sound

特集 音
・音・音楽・環境 一柳慧
・楽器 10人のアーティストのつくる楽器
 新宮晋 鈴木昭男 戸村浩 宇野亜喜良 桜井郁男 湯村輝彦 山口勝弘 福田繁雄 内田繁 仲条正義
・音幻の世界 環境とオブジェ 山口勝弘
・錬音術 羽良多平吉

Ears Cleaning
音のデザイン・エッセイ
・もう鳩なんか出やしない 高梨豊
・黄金の耳へ 諏訪優
・旅の宿のベッドで聞く音のことなど 長谷川尭
・音はまぎれもなく文化だと思う 片岡義男
・The Sound in the Box 秋山邦晴
・ロールス・ロイスの時計 小林彰太郎
・写真の中の量子雑音 松岡正剛

・音のポスター 音楽環境のはざまで 神田昭夫 
・音のパッケージング ロック・ジャケット・イン 小島武
・音響機器デザインの修辞学 技術神話へのフェティシズム 和爾祥隆

Questionnaire
・音体験、音のイメージを、20の設問で20人の音にフィットしたデザイナーに聴く
ほか

昭和54年7月1日発行
編集 田淵裕一
出版 株式会社美術出版社

2017年5月25日木曜日

[130] Manongo Mujica & Douglas Tarnawiecki - Paisajes Sonoros


Label: Buh Records

Series: Sounds Essentials Collection
Catalog#: BR75
Format: CD, Album
Country: Peru
Released: 2015 (1984)
DISCOGS


1 Paisajes Naturales 37:51

2 Paisajes Urbanos 18:07


「Paisajes Sonoros」(Soundscapes)は、1984年にカセットで自主リリースされました。この作品は、Manongo Mujica(マノンゴ・ムヒカ)とDouglas Tarnawiecki(ドウグラス・タルナヴィエッキ)による、ペルー音楽に関する大規模な研究の成果でした。彼らは一年かけて、パラカス砂漠からジャングル、リマの市場や大通りを訪ね歩き、海の音、風の音、通りの話し声、ラジオの音を採取しました。このすべての録音素材を使って、サンドロ・リ・ロジーのスタジオでサウンドトラックを構成。そこに様々な楽器を追加し、個人性と民族性が交差する具体音楽とコラージュの探求、アンビエント、ドローンから民族音楽に及ぶ作品を作り上げました。タルナヴィエッキは1982年にムヒカと出会いました。タルナヴィエッキはアカデミックな作曲の出身で、米ロチェスターで学び、ギリシャのプロジェクトのために世界の様々な伝統音楽を研究していました。ムヒカは打楽器奏者として即興とサイケデリック・ロックに専念していましたが、1983年にリマに戻った後、民族音楽、ドローン、具体音楽、フルクサスのようなコンセプチュアルな音楽を追求しはじめました。ムヒカと、アフロペルーの伝説的な打楽器奏者Julio "Chocolate" Algendones(フリオ・チョコラテ・アルヘンドネス)との出会いは、アフロペルー音楽と自由即興を介して霊的交感を探るきっかけになりました。アルヘンドネスはアフロペルーのパーカッションの伝統において異端の存在でした。彼はキューバとハイチに住み、彼の考えるパーカッションの手法に多くの影響を与えた「サンテロ」の儀式やそのリズムに精通していました。彼の特異性はムヒカを魅了しました。彼らのもとに、ロンドンで学び、ポピュラー音楽で作曲を始めた電子音楽作曲家Arturo Ruiz del Pozo(アルトゥーロ・ルイズ・デル・ポゾ)が合流しました。このように、「Paisajes Sonoros」は異なるバックグラウンドをもつ4人のミュージシャンの出会いでもありましたが、しかし彼らは共通して、アカデミックとポップの関係を探求し、自由即興の手法によってネイティブと前衛音楽の共有領域を見つけることに関心を持っていました。1983年には既に、ルイズ・デル・ポゾ、ムヒカ、Omar Aramayo(オマル・アラマヨ)の3人による、アンデスの響きと電子音楽と民族ジャズ・パーカッションを融合した冒険的な作品「Nocturno」がリリースされていました。「Paisajes Sonoros」も、ペルーが社会的に危機的な段階にあった時期につくられました。1980年のFernando Belaúnde Terry(フェルナンド・ベラウンデ・テリー)による民主主義への復帰は、都市のスカイラインの必然的な変容と並行して行われました。インフォーマルな経済が出現し、農村部から都市住居への大規模な移住の結果、首都にアンデス文化が定着しました。80年代まで、リマは深刻な経済危機やテロ集団の問題に直面したため、不安定な状態にある都市でした。当時のリマの状況は、すべて「Paisajes Sonoros」の背景となるサウンドトラックでした。 しかし、自然のドキュメンタリーという性質を超えて、これらの音は、演奏された音楽と対話する精神音響の投影として機能します。周囲の音に触れることは、それが何であるかという現実のサンプリングであり、音楽の設定とそれ自体を具現化し、聴き方の幅を広げて創造的な活動に変えるものです。 - 
ルイス・アルヴァラード


「Paisajes Sonoros」は、私たちの内面の音世界と外の世界、2つの異なる世界を同時に聞く必要性から生まれた音楽研究プロジェクトです。 2つの世界には、異なる振動の性質があります。これら「世界」の間にある矛盾を聞くことを学ぶことは、ひとつの存在の2つの側面の両方の対立を含む「サウンドスケープ(パイサヘ・ソノロ)」を認識することにつながります。これに続く3番目の要素は、複雑な聴覚プロセスの暗黙智としてのユーモアです。それぞれの音のディスプレイの背後には、他の、より静かで見えにくく、さらに捉え難いものが隠れています。それはおそらく、すぐには理解できない起源・砂漠の風景の音。 そのひとつひとつに、音楽的に等しいものはありますか?「Paisajes Sonoros」は、起源の物語を語ろうとしています。それは、主役としての音の発達と死。そして、自然、風・水・雨の発生、次の都市へと続くジャングルの入り口、矛盾と聴覚の豊かさ有するリマの物語です。私たちが音楽を固定的かつ定義可能なものとして判断する習慣や予感を放棄するとき、サウンドスケープの概念が現れます。そうすることによってはじめて、もっとも取るに足らないノイズからもっともありふれた生活音まで、すべての聴覚環境、すべての鳴り響く行為が、別の次元・別の意味にかわり、サウンドスペクトルを生きるキャンバスとして感じる手段になり、私たちが今ここに存在する他の音楽に気づくための手がかりになります。 - 
マノンゴ・ムヒカ


This CD is part of the Sounds Essentials Collection, a rescue project of several fundamental works of Peruvian Avantgarde music, which will be published periodically. The project is made possible through the support of VICERRECTORADO DE INVESTIGACIÓN, DE LA PONTIFICIA UNIVERSIDAD CATOLICA DEL PERÚ Y ALTA TECNOLOGÍA ANDINA (ATA)


...


[related]
Aramayo, Mujica, Ruiz Del Pozo - Nocturno (1983)

Luis David Aguilar - Hombres De Viento / Venas De La Tierra, 1978​-​1982
(Sounds Essentials Collection Vol 3)

2017年5月24日水曜日

[129] Old Man Archive

Sense of Guilt
The Remnants of Love
Across the River

OLD MAN ARCHIVESは、日常のふとした場面で遭遇する老人たちの生きた語りをフィールドレコーディングで採集し、 カセットテープ(不可逆的な記録メディア)に封じ込めるプロジェクトです。 そこには個人の名や顔ではなく、ただ記憶だけが、背後に鳴り響く日常のノイズと共に刻み付けられます。/ 各作品は老人の年齢の数だけ生産し(例:93歳 = 93本)、追加生産は行いません。

OLD MAN ARCHIVES is a project which conducts field-recording of living monologues by elderly people whom we met in various daily situations. In the cassettes, memories echoing behind everyday noises are recorded aside from the individual’s name nor face.

Old Man Archive
publishing project based in Japan

2017年5月19日金曜日

[128] Michel Banabila - Sound Years


Label: Tapu Records
Catalog#: 020TR
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Netherlands
Released: 2017
DISCOGS  BUY

Side A 19:08 

- Close To The Moon (previously unreleased / 2016) 
- Earth Visitor (from Earth Visitor / 2016) 
- E.T. (from Traces / 2007) 
- Gorlice (from Live in Gorlice / 2014) 
- 47 Voice Loops (from 47 Voice Loops / 2013) 
Side B 16:08
- Stone Bridge (from Hilarious Expedition / 2005) 
- Niki Jumpei (from Gardening / 2012) 
- TAPE (mix 3) (from Bouwwerk / 2010) 
- Shortwave (from Hilarious Expedition / 2005) 
- Radio Spelonk (from Music for viola and electronics II / 2015) with Oene van Geel 
- Vuka Vuka! intro (from Songs from Vuka Vuka! / 2005) 
- The Turtle Came Back (from Gardening / 2012) 
- Yarra (from Travelog / 2013) with Machinefabriek

アンビエントという視点からオランダの音楽を探していた時に知った、世代もバックグラウンドも異なる2人の作曲家が、ジャーマン・エレクトロニクス周辺の復刻を手掛けるbureau Bのカタログに加わったことが、とても印象深いことでした。ひとりは、1925年ハールレム出身、著名なクラシック音楽一家に育ち、96年デン・ハーグで死去したJurriaan Andriessen(ユリアーン・アンドリーセン)。もうひとりは、1961年アムステルダムでオランダ人の母とイエメン出身の父との間に生まれた、現在ロッテルダムを拠点に活動するMichel Banabila(ミシェル・バナビラ)。ユトレヒト音楽院で父に作曲を学び、メシアンに師事したアンドリーセンは、元々アカデミックな現代音楽の世界で活躍していましたが、50歳代にさしかかった70年後半にPhilip GlassやWendy Carlosの影響から、自ら「トランス・シンフォニー」と呼ぶミニマルなシンセサイザー・ワークに開眼。先のbureau Bに取り上げられた「The Awakening Dream」は、Clusterや初期Kraftwerkにも通じるアナログでトリッピーなコズミック・サウンドを作り上げたシンセ期の代表作。プレアンビエントなアンドリーセンに対して、かたや次世代のバナビラはEno & ByrneやJon Hassellといったオリジネーターに直接的な影響を受けた、ポストパンク以降のオランダにおけるアンビエント・ミュージックの先覚者と見ることができます。

バナビラが同郷の映像作家Hero Wouters(ヘロ・ヴォウタス)のスタジオでアルバム制作に取り組みはじめたのが、彼が19才であった80年前後のこと。インドネシア、ガーナ、レバノンといった国々の民族音楽と、ジャズやミニマル・ミュージックといった要素をポストパンクの越境的感覚で再構築した「マリリ」、連作「発見された痕跡」などのソロ作を発表。Hanyo van Oosterom(ハンヨ・ファン・オーステロム)率いる第四世界音楽グループChiでの活動を経て、80年代末から90年代にかけては、トルコ、スリナム、ベルギーなどの多国籍フォーク・グループEast Meets Westや、トルコ出身のマルチ奏者Yaşar Saka(ヤシャール・シャカ)とのデュオなど、イエメン人の血を継ぐ自身の音楽的ルーツを探す旅のように、民族音楽志向をさらに広げた精力的なライブ活動を繰り広げ、ワールド・ミュージックの潮流の中で大きな評価を獲得していきました。その後トリップホップ〜クラブジャズから、グリッチ〜デジタル・ミニマリズム、実験的なエレクトロアコースティック、サティを思わせるピアニズムや室内楽に及ぶ多様なアプローチで、舞台芸術、ドキュメンタリー、映画、ビデオアートのための音楽を制作。初期のイマジナリーな民族性やミニマリズム的手法は、時代ごとに様相を変えながら、現在まで途絶えることなくバナビラの音楽の基幹になっていると思います。
この「Sound Years」は、過去12年の間に制作した既発アルバムから選ばれた13の楽曲からなるコンピレーション・アルバム。00年代以降の主要作を俯瞰しつつ、しかし単なるサンプラーではなく、遠く離れた広大無辺な宇宙空間と顕微鏡内のミクロな世界との間を漂泊するバナビラ特有の離郷的詩情を各作品から拾い集めるように、セルフミックスによって新しい物語へと昇華した、近年の最高作と呼ぶにふさわしい内容。昨年リリースされた初期編集盤「Early Works」と対比をなし、近年に初期作を発見した新しい層のリスナーにとっては数多くのバナビラ作品を辿るためのひとつの切り口となる(おそらく新作では最後の)ヴァイナル・フォーマットでリリースされたことにも少なからぬ意義を感じます。

...



[related]