2018年6月16日土曜日

[206] Sea Horses ‎- Listen


Label: Mandala Recordings
Catalog#: CD SH 777
Format: CD, Album
Country: UK
Released: 1991
DISCOGS

1 Asking Heaven And Heart 4:51

2 Salute To The Sun 6:11
3 Exaltations 5:50
4 Angels Of Incidence 3:48
5 Pray 4:17
6 Satori 5:56
7 Kissing Flowers 5:34
8 For Our Emotions 3:56
9 Open Veins 1:13
10 In Sufferance 4:34
11 Confession 3:20

チベタンベル、モロッカンドラム、タブラ、シタールなどの民族楽器と淡いシンセサイザー・サウンドを織り交ぜ、哀調を帯びた幽玄なハーモニーを奏でるイギリスの男女混成フォーク・グループSea Horses(シー・ホーセズ)によるおそらく唯一のアルバム。中心メンバーは作詞・作曲担当のRichard Veal、シンセ担当のSimon Creaghan、ヴォーカル担当のJo & Liz Bromley、そして演奏面にも加わる本作のプロデューサーDave Goodman。Sex Pistolsの生みの親として知られるグッドマンがニューエイジ系グループに関わっているのは意外なことにも感じますが、80年代末にエスノ・アンビエント・プロジェクトNew Age Radioを始動後は、マルタ島メリッハで立ち上げたレーベル兼スタジオMandalaを拠点に、パートナーのKathy Manuell(元ソフトロック・グループDesignのメンバー)とともにヒーリング〜瞑想音楽に傾倒し、Healing Journeys、Internet Cafe Orchestra、Mandala Maltaといった複数の自主プロジェクトのほか、岡野弘幹やWooの作品を手掛け、グラストンベリー・フェスティバルで自家発電によるフィールドを発案したりと、心臓発作で亡くなるまでスピリチュアリティやエコロジーを掲げたインディペンデントな音楽活動に身を捧げていたようです。一見水と油のようにも見えるパンクとニューエイジ。Sex PistolsのマネージャーだったMalcolm McLarenも90年代初頭にニューエイジ・ハウスのEPをリリースしていたり、またはチルアウト・ミュージックを生んだKLFも精神的にはパンクであったり。イギリスにおける2つのカウンターカルチャーは思いのほかリンクしていたのかもしれません。


Sea Horses hail from Congleton/Macclesfield UK and released their first album in 1988 on the Mandala Label. Left to right they are Simon Creaghan, Richard Veal, Jo, ? and Liz.  They were extremely eclectic in a psychedelic folksy way.  A bit of a cross between Cocteau Twins and The Incredible String Band.  They went on to record two more albums and do a series of now legendary gigs before petering out, some say due to a difference in spiritual ideologies.  The band were produced by Dave Goodman who part financed the recording sessions along with Richard and Simon.  Shortly after they disbanded, a small miracle happened. John Squires of Stone Roses decided to call his new band 'The Seahorses'.  Richard immediately informed the music press. who gave the matter quite a bit of coverage, resulting in a lot of free publicity for both bands.  "TWO SEA HORSE TOWN" read one of the captions.  In the end after much dogged determination  from Dave and his secretary Emma Wallace Stephenson, Chris Squires brought the name for an undisclosed figure and there's 15,000 reasons why we can't tell you.  Richard, Simon and Dave each took a share to cover their losses and not long after Chris Squire's Seahorse died.


...



2018年6月13日水曜日

[205] Daniel Goyone - 2


Label: Label Bleu

Catalog#: LBL 6500
Format: Vinyl, LP, Album
Country: France
Released: 1986
DISCOGS

A1 Trilogue 4:15

A2 Mer 4:33
A3 Jyogam À "M.H.S." 5:57
A4 Miniature 1 1:29
A5 Chant D'Oiseau 2:17
B1 Berimbau 5:33
B2 Octembre 2 "À Boris Vian" 6:51
B3 Danse Des Lamantins 5:33
B4 Danse 7 2:04

フランスの鍵盤奏者Daniel Goyone(ダニエル・ゴヨン)の2枚目となるリーダー作。自身の操るキーボード、シンセサイザー、ピアノのほか、ヨーロッパを代表するドラマーAndré Ceccarelli(アンドレ・チェカレリ)、Aktualaにも名を連ねる打楽器奏者Trilok Gurtu(トリロック・ガートゥ)、フレンチ・ジャズ界きってのアコーディオン奏者Richard Galliano(リシャール・ガリアーノ)、ベース奏者Marc Bertaux(マーク・ベルトー)、サクソフォン奏者Gilbert Dall'anese(ジルベール・ダラネーゼ)という名うての演奏家陣が参加。ガートゥのスキャットをフィーチャーしたA1、ガリアーノのミュゼット・アコーディオンが郷愁を誘うA2、再びガートゥの打楽器とハンドクラップが陽気なリズムを刻むA3、チェカレリの電子ドラムと煌びやかなキーボードが印象的なB1、ゴヨンのクラシカルなピアノのフレージングとアトモスフェリックなキーボードを主調としたアンビエント・ジャズA5, B3など。諸国を旅して回るように曲毎に編成・スタイルを変えつつ、時にConrad SetóやEgberto Gismontiを思わせるエレクトロニクス使いと打楽器のオーガニックな響きが見事に調和したフュージョン・サウンドを全編にわたり展開しています。中でも、息を飲むほど優美で幻想的な雰囲気に包まれたB3「マナティーの踊り」はハイライトに挙げたい1曲。


...


2018年6月10日日曜日

[204] Ted Reichman - My Ears Are Bent


Label: Skirl Records
Catalog#: Skirl CD 002
Format: CD, Album
Country: US
Released: 2006
DISCOGS

1 Every Man To His Own Taste 6:31

2 Peace Father 4:36
3 I Know Nothing About It 8:52
4 Nun 5:54
5 It Is Almost Sacred 3:09
6 Come To Jesus 7:24
7 My Ears Are Bent 8:21

Ted Reichman - piano, electronics, guitar, bass, percussion, pump organ 

Mary Halvorson - electric guitar 
John Hollenbeck - drums 

There is almost no accordion on My Ears Are Bent. Can you find the accordion? My Ears Are Bent is a New York record in the sense that it was partially inspired by musical traditions that I associate with New York for various, mostly non-literal, reasons: stride piano, the softer side of free jazz, downtown no-wave improvisation, dub, hip-hop. I originally named names: Nat Cole, Big Maceo, Paul Bley, DNA, Augustus Pablo. But that’s kind of gauche, right? It‘s also a New York record in the more literal sense that after a few years of somewhat nomadic existence, I was once again living in New York full-time and was re-encountering the people, places, literature, and history of the city. Marc Ribot once told me that living in the East Village was like “living in a personal mythology.” I agree. Which is one of the reasons why I left Manhattan and settled in Brooklyn, a place where one can patch together one’s own personal mythology, rather than one worn by previous generations of bohemia. That’s probably not really true on any level, but it felt nice to write it. Anyway, from the 1920’s until the 1960’s, a much better writer than me named Joseph Mitchell wrote many excellent newspaper and magazine articles on New York City and other related topics, some of which are collected in a book called “My Ears Are Bent.” It was originally published in 1938, and reissued in September 2001. Nobody I know seems to have read it, but it contains many nicely hewn observations of this city. I don’t think the music on this record has very much to do with the stories of Joseph Mitchell, except for the fact that he documented his experience of this teeming, lonely, moronic, brilliant, exalted, abject, youthful, ancient, cockeyed, sincere, sanctified, hell-bent city and in my own way, I attempted to do so as well. - Ted Reichman





2018年6月5日火曜日

[203] va The Returning Sun


Label: Zi-koo

Catalog#: LALP-1013
Format: Vinyl, 12", Compilation
Country: Japan
Released: 2000
DISCOGS

A1 Calm - Midnight Sun 6:49

A2 Baku Tsunoda - I Want You 6:10
A3 Kama Aina - Mika Kaurismäki 3:49
B1 Mark De Clive-Lowe - Nites Like These 6:24
B2 Chari Chari - Stream 5:25
B3 Bayaka - Grass High 7:28

青森市に住んでいた頃、1年半ほど本町にあったサーフショップで働いていたことがありました。音楽好きの店長やお店に集まるお客さん達は人のよい方ばかりで、大学を中退して路頭に迷っていた一頃の自分にとって大事な心の拠り所になっていたように思います。当時レコードを買いはじめたこともあって、給料を手にしては青森のユーロヴィジョンや八戸のリミックスといったお店によくお世話になりました。とりわけリミックスは、サーフショップ宛てにファックスで頻繁に入荷リストを送ってくれて、店主と電話で話しながらブラジリアン・ハウスやフューチャー・ジャズのレコードを(レーベルもアーティスト名も分からずとも)レコメンドされるがまま購入していました。クラブ・ミュージック全般ほとんど知識のない自分でしたが、どのレコードもすごく面白く熱心に聴き込んだことを覚えています。本作「The Returning Sun」も、そんな時期にリミックスを通じて知った一枚。ロスアプソンの代表・山辺圭司氏ディレクションによる〈是空〉の発展型レーベル〈時空〉より、第一弾タイトルとしてリリースされたコンピレーション作品。〈是空〉からは前年「Nowhere Rain」という「雨」をテーマにしたアンビエントなコンピレーションがリリースされていましたが、こちらは全編「夜」がテーマとなっています。下の抜粋は、Rainstick Orchestra名義で現在まで活動し、ソロ名義ではCalm主宰のMusic ConceptionからEPをリリースしてきたバク・ツノダによる水ダウンテンポの名曲 "I Want You"。その他のトラックもエキゾチックなトリップ感と日本的な侘び寂びの情趣を感じさせる素晴らしいジャズ〜クロスオーバー揃いです。


...



2018年5月25日金曜日

[202] Dan White - Now You Are Here


Label: Cry Baby Records

Catalog#: CRY001
Format: Vinyl, 12", EP 
Country: Australia
Released: 2016
DISCOGS

A Precognitive Dreams 7:39

B1 Vp3 6:51
B2 Fearless Freak 5:12

Rings Around Saturn名義をはじめ、2200、Pickleman、Bleekman、Turner Street Sound(w/Ryan Hunter)などのエイリアスを使い分け、多様なスタイルのエレクトロニック作品を制作しているメルボルン生まれのDJ/プロデューサーRory McPike(ロリー・マクパイク)。同じくメルボルンのレコードショップ兼イベントスペースCry Baby(既に実店舗は閉められているとのこと)が2016年に立ち上げたレーベルより、第一弾タイトルとしてリリースされたDan White名義の12" EP。A-1はオールドスクール感溢れるジャングル、B-1は「Artificial Intelligence」を彷彿とさせるスペーシーなIDM/エレクトロニカ。90年代回帰的フォームの2曲から一転して、ローファイで曇った質感のフレーズループを主体したB-2は、夏の夕暮れ、儚い夢のような時間を思わずにいられない、タイムレスな魅力を放つアンビエント・トラック。


...


2018年5月21日月曜日

[201] va Welcome To Paradise Vol. III: Italian Dream House 90-94


Label: Safe Trip
Catalog#: ST 003-3 LP
Format: Vinyl, LP, Compilation
Country: Netherlands
Released: 2018
preorder

A1 Jacy - Resounding Seashell 5:17

A2 Optik - Illusion 6:15
A3 Leo Anibaldi - Universal 5:35
B1 Green Baize - Tramp Heart 5:29
B2 Deep Choice - Children Trip 6:36
B3 Deep Blue - Deep Blue The Inner Part Of Me 3:54
C1 Cosmic Galaxy - Walkin' On The Moon 5:26
C2 Golem - Sun City 5:56
D1 Lonely Dance - Sweet Pieces Alternative Mix 6:07
D2 Neurostate - Dance To The House Unreleased Edit 5:36
D3 Don Carlos - Ouverture 6:54

アムステルダムのレーベルSafe Tripより、オーナーMarco Sterk(マルコ・ステルク)とRush Hourの共同創立者Christiaan Macdonald(クリスティアン・マクドナルド)監修によるイタロ・アンビエント・ハウス=ドリーム・ハウス編集盤の第3弾。リリース予定日は5月25日。


Safe Trip is taking one final deep dive into the warm waters of Italian dream house with Welcome To Paradise Volume 3, the concluding chapter in the label’s journey through the previously overlooked world of one of dance music’s most vibrant and influential underground movements. While the influence of dream house continues to echo through the ages, the style was at its peak between 1989 and ’94, when producers across Italy delivered a high volume of loved-up, wavy and occasionally blissful productions that fused contemporary deep house tropes – most notably from Chicago, New York and New Jersey – with elements borrowed from ambient, jazz and Balearica. It’s this six-year period that provides the focus for Welcome To Paradise Volume 3, which draws together a spine-tingling mixture of sought-after classics, unheralded gems and little-known delights from the original Italian dream house movement. Thrillingly, Welcome to Paradise Volume 3 co-curator Young Marco has managed to source two previously unreleased tracks during the dream house period: the gently unfurling, sunrise-friendly bliss of Jacy’s “Resounding Seashell” and a special “Longer Edit” of Neurostate’s brilliant “Dance To The House”, a track that – somewhat surprisingly – has never previously been issued on vinyl before. Elsewhere, there are plenty of treats to set the pulse racing, from the must-have deep house brilliance of Leo Anibaldi’s “Universe” – a rare foray into dream house territory from the Italian techno pioneer – and the Afro-bleep-goes-dream-house trip of Golem’s “Sun City”, to the cowbell-driven, New Jersey garage-influenced warmth of Deep Choice’s “Children Trip” and Cosmic Galaxy’s “Walkin’ On The Moon”, a Detroit techno-influenced outing with a deliciously saucer-eyed, extended ambient intro. You’ll also struggle to find a more inspired house record than Green Baize’s “Tramp Heart”, which mixes familiar dream house elements with spacey electronics and tribal chants that recall Italy’s early ‘80s Afro-cosmic scene. It all adds up to another essential selection of rich, glassy-eyed dream house treats tailor-made for sound-tracking drawn-out Adriatic sunsets, Mediterranean sunrises and loved-up parties the world over.


...



2018年5月14日月曜日

[200.1] Mori To Kiroku No Ongaku #5



5月10日に放送されたLYL Radio「Mori To Kiroku No Ongaku」の5回目。前半はフリーセレクション、後半はメキシコの作曲家=ホセ・ルイス・アルメイダを特集しました。
生まれはグアテマラとの国境に近いチアパス州の都市タパチュラ。幼少期に首都メキシコシティに移り、80年代中頃から音楽活動を始めたアルメイダは、その最初期にギタリスト=エブレン・マカリのソロアルバム「ムジカ・パラ・プラネタリオス(プラネタリウムのための音楽)」の録音に参加したことをきっかけに、マカリと共に数多くのコンサートやフェスティバルで演奏しました。当初はマカリの楽曲がレパートリーの中心だったそうですが、次第にアルメイダの楽曲も組まれるようになり、2人はそれらをまとめ、89年に共作「カルタス・デ・ナヴェガシオン(航海の手紙)」をマカリのプライベート・レーベルDaktaから発表。この時期、2人はドキュメンタリーや舞台芸術などの音楽を精力的に制作したといいます。その後、アルメイダは自身のプロジェクトに集中し、93年にソロアルバム「エレヒア(哀歌)」を先鋭音楽の中心的レーベルGrabaciones Lejos Del Paraisoより発表しました。今回の特集の大部分はこのアルバムから選曲されています。
当時メキシコでは、プレヒスパニック時代(スペイン入植以前)の土着・民俗文化と新しい音楽を融合させようとする小さなムーブメントが興っていました。ホルヘ・レジェスやアントニオ・セペタといった音楽家が最も知られていますが、アルメイダは民俗音楽グループ=トライブとルイス・ペレスが民俗探求・異文化混交の道を示した先駆的存在であったと語っています。彼らのような自国の民俗派のほか、ミニマリズム、環境音楽、ヨーロッパの前衛ジャズ、インド音楽などから影響を受けたアルメイダの音楽は、その要素を繊細に調和させた、深い感情に響くような独自のサウンドが持ち味となっています。エレクトロニクスで構築した打楽器の響きと土着のリズム、シンセサイザーのストリングス・アレンジとアトモスフェリックな効果に加え、詩的で清廉なピアノのフレージングとミニマルな反復が前面に押し出された「エレヒア」は、他音楽家の作風とも異なる、鍵盤奏者ならではのアプローチでエスノ・サウンドの新生面を切り開いた作品だと思います。
アルメイダは、映画やテレビ、演劇、コンテンポラリー・ダンス、マルチメディア、展覧会など様々なメディアのための音楽の制作した後、2000年代以降は主にプロデューサー、レコーディング・エンジニアの仕事に専念し、ヘソス・マルティネスやハヴィエル・ナンダヤパ、ホルヘ・レジェスらの作品の録音・ミックスを担当。また、近年は企業に向けたWEBプロモーション・システムの開発事業や大学・専門学校でのオーディオに関するワークショップも行っているとのことです。多岐にわたるプロジェクトの音源は単独ではリリースされていないものがほとんどですが、今年4月末、舞踏作品「タントンガリ」のために97年に制作した貴重な音源が、アルバムとしては25年振りに彼のバンドキャンプで配信されました。現在彼はプエブラに住み、これまで作曲した作品のリイシューと新しいレコーディングの両方に取り組んでいます。今後のリリースもとても楽しみです。

the fifth episode of my show "Mori To Kiroku No Ongaku" on the LYL Radio was broadcasted on May 10. the first hour is free selection, and the second hour is special feature on Mexican composer José Luis Almeida. he was born in the city of Tapachula, which is located in the southeast of the country, near the border with Guatemala. when he was a child, he moved to Mexico City, and started composing and playing music as a keyboardist in the mid 1980's. his earliest performance can be heard in great guitarist Eblen Macari's album "Música para Planetarios" which has just been recently reissued by Canadian label Séance Centre. after the recordings of "Música para Planetarios", Almeida and Macari played together in numerous live concerts and festivals, and they produced and released a collaborative album "Cartas de Navegacion" in 1989. they kept composing more music for different media especially documentaries and theater performance for several years. after that, Almeida focused on his own projects. his solo album "Elegía" was released by Mexico City based label Grabaciones Lejos Del Paraiso in 1993, including his compositions for movies and experimental theater plays. at that time, Almeida and Macari were two of the few musicians interested in fusing pre-hispanic instruments with other musical genres, like pioneering musicians such as Tribu, Luis Pérez, Jorge Reyes and Antonio Zepeda. in particular, Almeida developed his unique style of creating more delicate and sophisticated music fusing minimalistic piano, folkloric rhythm, environmental textures and other various music elements. after composing for long years until the early 2000s, Almeida has devoted himself to engineering for other musicians such as Jesús Martínez, Javier Nandayapa, Jorge Reyes & Piet Jan Blauw. most of his work for different projects has not yet been released, but in recent years he has been working on both reissues of earlier works and new recordings. this mix was mainly selected from "Elegía", "Cartas de Navegacion" and his latest release "Tantongari" which is based on compositions for Butoh dance in 1997. his excellent albums are now available on his bandcamp page, and more works will be released there. I am thankful to José for the great cooperation, Aki for the kind help, and also to everyone listening to my show.


tracklist:
Thierry David - Karusa Kaibê
Green Isac - Congalonga
Mouth Music + Mairi MacInnes - The 45 Revolution / A Reel For Drambuie
Isiro - Enristoda
Frank De Wulf - The End
Lars Bartkuhn - Nomad (Reprise)
Checkfield - Crystal Water
Costantino M. Albini - Mare Nostrum
Tabula Rasa - Sunset At The Café Del Mar
Spacelab - Blue Planet
Blonker - Voice Of Autumn
Danilo Cherni - In Corpore
Eblen Macari & José Luis Almeida - Mayos
Tomas Anguamea Alamea, Santos Anguamea Jaimea, Silvestre Millanes Alamea, Luciano Anguamea Garcia - Danza Del Venado: Tomberino
José Luis Almeida - Daniel
José Luis Almeida - Danza
José Luis Almeida - Cántico
José Luis Almeida - Tantongari. Part 3
José Luis Almeida - Pausas Luminosas
José Luis Almeida - Alta Noche
José Luis Almeida - Vámonos Inmóviles De Viaje
José Luis Almeida - Un Mundo Vivo. Intro
José Luis Almeida - Litoral
Eblen Macari & José Luis Almeida - Circulos Petreos / Huicholes
Eblen Macari & José Luis Almeida - Clarion
Eblen Macari & José Luis Almeida - Diario De Exploracion
Jesús Martínez Rodriguez & Gustavo Nandayapa - Lloviendo Arroz

2018年5月10日木曜日

[200] Jason Kolàr - Modified Perspectives


Label: STROOM 〰

Catalog#: STRLP-013
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Belgium
Released: 2018
DISCOGS

A1 Clairvoyance 6:00

A2 Corners 02:53
A3 Holding No Hands 03:20
A4 The Layout Of Failure 03:28
A5 Positive Dispair 03:41
B1 Erratic Texting Behavior 04:35
B2 Untitled #2 04:35
B3 Twist Your Arm 04:40
B4 Forget Space Nor Time 04:08
B5 Reversed Swell 05:13

"There is a hidden place between science and magic. A secret playground where brainwaves rejoice and wander around. And, guess what, Modified Perspectives is all you need to reach it."


Jason Kòlar: Nubian Deli, Quanta, Summer Recreation Camp: het zijn maar een paar van de aliassen waaronder de Spaanse dj / producer Cristian Subirà actief is. Als Jason Kòlar verblijft Subirà in dat fijne parallelle universum waar wetenschap en magie haasje over spelen. Met het te verschijnen ‘Modified Perspectives’, uit op Stroom.tv begin juni 2018, ontwierp de Barcelonees de perfecte snelweg richting dat universum. Zijdezachte synths, levendige kleuren en troostende texturen: ‘Modified Perspectives’ is jouw kompas om te navigeren doorheen Subirà’s fascinerende mentale landschappen.


...



2018年4月26日木曜日

[199] Moments in Love: The History of Chillout Music



2004年5月に英国営放送BBC Radio 2で放映された、チルアウト・ミュージックの特番「Moments in Love: The History of Chillout Music」。19世紀パリのクラシック音楽から、Brian Enoの環境音楽、70年代の電子音楽とダブ、The OrbやKLFに代表されるアンビエント・ハウス、地中海イビサ島のバレアリック・サウンド、さらにはアムステルダムのサパークラブ、イングランドのマルヴァーンヒルズといった21世紀のグローバル・チレッジ、様々な要素がミックスされた00年代のチルアウト・サウンドまで。ムーブメントの形成・発展に大きな影響を与えた音楽家・DJへのインタビューを交えながら、チルアウト・ミュージックとそのカルチャーの軌跡を辿っています。ナビゲーターは長きに渡りバレアリック・チルアウト・シーンを先導してきたDJであり、プロデューサー、ブロードキャスター、音楽評論家のChris Coco(クリス・ココ)。


tracklist.

Groove Armada - At The River / Moby - Porcelain / Zero 7 - Red Dust / Chris Coco - Albatross / Lemon Jelly - Soft / Ralph Myerz And The Jack Herren Band - A Special Morning / Air - Alpha Beta Gaga / Erik Satie - Gymnopedie No. 1 / Chris Coco - Falling / Brian Eno - Music For Airports / Brian Eno - Discreet Music / Tangerine Dream - Phaedra / King Tubby/Scientist - Scientist Doctor Dub / Lee 'Scratch' Perry - Working Girl / Art Of Noise - Moments In Love / Art Of Noise - Il Pleure / Paco De Lucia - Entre Dos Aguas / Vangelis - Love Theme From Bladerunner / Jose Padilla -Adios Ayer / A Man Called Adam - Barefoot In The Head (Acoustic) / Joaquin Rodrigo - Concierto De Aranjuez (Adagio) / 808 State - Pacific State / The Orb - A Huge Ever Growing Pulsating Brain That Rules From The Centre Of The Ultraworld / The Orb - Little Fluffy Clouds / KLF - Elvis On The Radio: Steel Guitar In My Soul / Nightmares On Wax - Nights Interlude / Nightmares On Wax - Pipes & Honour / Lambchop - Up With People (Zero 7 Mix) / Bill Withers - Lovely Day / Chungking - Making Music / A Man Called Adam - Yachts / Thievery Corporation - The Glass Bead Game / Moby - In This World / Zero 7 - I Have Seen / Air - Universal Traveler / The Flaming Lips - All We Have Is Now / Art Of Noise - Robinson Crusoe

2018年4月24日火曜日

[198] Cudù - Waterplay


Label: Materiali Sonori
Catalog#: MASO CD 90013
Series: il Disco è Cultura
Format: CD, Album
Country: Italy
Released: 1990
DISCOGS

1 Madeira 4:12

2 Tocantins 4:01
3 Loneliness Island 8:12
4 Waterplay 5:32
5 Ocean 5:09
6 Sonata Per Gabbiano 5:24
7 Lualaba 4:12
8 The Whistling Of The Sea 2:35
9 Debussy Sur La Mer Avec Arpège 3:44
10 Con Jazz 1:07
11 Requiem 6:07

イタリアのモダンクラシカル・アンビエントを振り返る上で最も重要なレーベルMateriali Sonoriより、看板グループの1つCudù(クドゥー)が90年に発表したセカンドアルバム。グループの中核である鬼才ギター/サックス奏者Paolo Lotti(パオロ・ロッティ)とベース奏者Luca Mazzantini(ルーカ・マツァンティーニ)に加え、ゲストとしてEmbryoのリーダー兼打楽器奏者Christian Burchard(クリスティアン・ブルヒャルト)、Tuxedomoonのメンバーでマルチリード奏者のSteven Brown(スティーヴ・ブラウン)とトランペット奏者Luc Van Lieshout(リュク・ファン・リシャウト)という、このレーベルと深い関わりをもつドイツ・ベルギーの演奏家を迎えた5人編成。雲の楽団を思わせるエスノミニマル「マデイラ」はアフリカ北西沖の島、ツィターの古雅な響きに金属質なギターとサックスが縺れるアヴァンロック「トカンティンス」はブラジル中部の川の名。さらに水のサウンドエフェクトとサンプラーを使った「海」から、「カモメのための子守唄」「海のホイッスル」「アルページュと海の上のドビュッシー」……というように、アルバム全編が川や海を主題として構成されていますが、それぞれの曲名から容易にイメージできるような自然賛美的な描写は皆無。パンク的衝動を押し殺した冷ややかな緊張感と国籍不明のトライバル感、海の底に沈んでゆく青いデカダンスがモザイク状に入り乱れる無指向的サウンドに、当時のクワイエット・ヒップなムードも感じられる一枚です。


...



2018年4月20日金曜日

[197] João De Bruçó & R.H. Jackson - Caracol


Label: -

Catalog#: CLP-001
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Brazil
Released: 1989
DISCOGS

A1 Instante de Gelo 

A2 Dona Roxa 
A3 Das Matas 
A4 Pântano 
B1 Here We Go Again
B2 Cabarecht 
B3 Terra Batida 
B4 Caracol

パーカッショニストJoão De Bruçó(ジョアン・デ・ブルーコ)とエレクトロニック・プログラマー/ギタリストRobert Henri Jackson(ロベルト・エンヒ・ジャクソン)は、ブラジル音楽では珍しい冒険に乗り出しました。 このディスクは、アコースティック楽器の即興と電子トリートメント、ブラジルのリズムと実験性といった対照的な要素を結び付ける美的観点から、果敢にも完全自主プロデュースによりリリースされました。その成果は魅力的ですが、不慣れなリスナーは疲れてしまうかもしれません。ハイライトは、電子トリートメントされたアコーディオンとテープによるバイヨン(ブラジル東北部の民族舞踊) "Dona Roxa"、ジャクソンが英語で歌った “Here We Go Again"、土星のサンバ "Terra Batida”。 - 音楽雑誌Bizz掲載のレビューより 


Todas as músicas foram compostas por João de Bruçó e R.H. Jackson.

A letra de Here We Go Again é de R.H. Jackson.
João De Bruçó - percussão, voz, sanfona
R.H. Jackson - programação eletrônica, guitarra, voz (em Here We Go Again).

...


2018年4月18日水曜日

[196] Mitar Subotić & Goran Vejvoda - The Dreambird


Label: Paulinas COMEP

Catalog#: CD-6442-4
Series: Mistic Series – Vol. 2
Format: CD, Album
Country: Brazil
Released: 1992
DISCOGS

1 Meditation I - Aurora 11:10

2 Meditation II - Zenith 19:05
3 Meditation III - Poente 9:50
4 Meditation IV - Nadir 18:50

ノヴィ・サド生まれのMitar Subotić(ミタル・スボティッチ)と、セルビア人外交官の父を持ち、イギリスやイタリアを転々とした後にベオグラードで青年期を過ごしたGoran Vejvoda(ゴラン・ヴェイヴォダ)。共に旧ユーゴスラビアのアンダーグラウンド・ロック・シーンでの活動を経て、80年半ばにパリに移住。スボティッチはIRCAM=フランス国立音響音楽研究所でエレクトロ・アコースティックの知識を広げながら劇場などの音楽を手掛け、方やヴェイヴォダはメディアアーティストとして美術と音楽の分野を股にかけて活動していました。本作「The Dreambird」は、この2人が86年に共同制作し、同年から92年までの間にユーゴスラビア、イタリア、ブラジルの都市部にある主要パブリックスペースで披露されたサウンド・インスタレーション「The Dreambird, in the Mooncage」(夢の鳥、月の鳥かごの中で)に基づいています。
2015年にOffen Musicにより公式リリースされた「In The Moon Cage」とは双子のような関係にあたる作品ですが、セルビアの古い子守唄をモチーフにしながら民族色を色濃く打ち出した「In The Moon Cage」とは向きを変え、本作はブライアン・イーノ研究家でもあったヴェイヴォダ(84年にイーノに関する本を出版)の趣味が反映されたためか、スボティッチ関連作品の中でも際立って楽園的なアンビエント・サウンドを聴かせる一枚となっています。主要素になっているのは、マダガスカルで録音された野鳥の鳴き声と、柔らかなシンセのリフレイン。それらのエレメントが幾重にも重ねられた4つのセクション「オーロラ」「天頂」「西」「天底」がシームレスに連なりながら、野性の精気に満ちた瑞々しく透明な世界を、ゆるやかな時間の推移ととも描き出した、全1曲といってもよいトータルアルバム的構成。ニューエイジ諸作のようにメロディを押し出しすぎることもなく、聴く人に深い安らぎをもたらすような調和のとれたサウンドが素晴らしいです。レーベルはサンパウロを拠点とするPaulinas COMEP。「ミスティック・シリーズ」の第2弾タイトルとして92年にリリース。このシリーズはインストゥルメンタル作品に焦点を当てたものとみられ、続く第3弾タイトルとして、本作にブラジルでのコーディネーターとして記載されているギタリストEdson Natale(エドソン・ナターレ)とバイオリニストAlex Braga(アレックス・ブラーガ)による共作アルバム「冬の太陽」がリリースされています。
「The Dreambird, in the Mooncage」の功績によりユネスコ国際文化振興基金を受賞し、アフロ・ブラジル音楽のリズムを研究するための奨学金を得たスボティッチは、1990年から活動の拠点をブラジルに移し、伝統的なリズムに最先端のダンス・ミュージックを融合させた新しいブラジリアン・サウンドを作り上げ、シーンを代表するプロデューサーとして地位を確立。しかし、Suba名義のアルバム「São Paulo Confessions」のリリース直後、99年11月に自宅スタジオが火災に見舞われて不慮の死を遂げました。近年Offen Musicが未発表作品をリリースしたことで新しいリスナー層にも認知され、ブラジリアン・サウンドだけに留まらないスボティッチの開明的作品が再評価を受けていますが、この作品におけるアンビエントなアプローチを聴くと、多数残されているという未発表音源や劇場やコマーシャルのための楽曲など、今後のリリースにもさらに興味が高まってきます。



The interest for electroacoustic music, which he had shown since his early works through the motifs of Serbian folkloric lullabies, took him to Paris where in 1985 he composed theatre music and at the IRCAM institute he expanded his knowledge in the field of electronic-acoustic music. During his stay in Paris, with Goran Vejvoda he started recording the album The Dreambird, in the Mooncage, which was the last to feature the pseudonym Rex Ilusivii, featuring the a combination of bird-twitter recordings, made at Madagascar, combined with the Serbian traditional lullabies and electronic music arrangements. The recordings were promoted in an original way in the period between 1986 and 1992 by broadcasting the recordings on the main squares of Yugoslav, Italian and Brazilian cities. Owing to the UNESCO award for promoting traditional culture, which he had got for The Dreambird, in the Mooncage, he got a scholarship in São Paulo where he landed on March 15, 1990 and decided to permanently inhabit. Part of the recorded material was released as The Dreambird in 1994 by the Brazilian label COMEP Music.



Rex Ilusivii ‎– In The Moon Cage (Offen Music, 2015)

Edson Natale & Alex Braga - Sol De Inverno (Paulinas COMEP, 1992)

2018年4月16日月曜日

[195] Sverre Larssen ‎- Wind Harp Recordings 1976-1977


Label: O. Gudmundsen Minde
Catalog#: OGM003
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Norway
Released: 2017
DISCOGS

A Nordavinden I  16:05

B1 Nordavinden II 5:37
B2 Sønnavinden 5:05
B3 Interviews with Sverre Larssen 6:24

ノルウェー人ビジネスマンSverre Larssen(スヴァラ・ラーシュン)が70年代に製作したウィンドハープに関する初めてのレコーディング・ドキュメント。ラーシュンがアマチュアの工学技術を基に自由な発想で自作したというこのハープは、やや斜めに傾いた板状のボディに12の弦を平行に張りわたしたツィターのような形態で、ボディに取り付けた4つのコンタクトマイクによって弦振動を増幅する仕組み。収録された3つのトラック「北風 I」「北風 II」「南風」は、砂浜と草地が広がるノルウェー西端の地=ヤレンとセレストランダで録音されたもの。北海から吹き付ける風を受けて発生する風切り音と、うねるように変化する弦のハーモニックな持続音に紛れて、かすかに波の音も聞こえます。加えて、B3は77年11月に国営テレビNorge Rundtと地元のラジオ局で放映されたインタビュー。これまでラーシュンのハープ・レコーディングを単独で収録した作品は存在せず、本国でもマイナーな作家だったそうですが、70年代にはLiv Dommersnes、Åse-Marie Nesse、Kjell Bækkelund、Ketil Bjørnstadといった作家・音楽家の作品の中で用いられ、最も知られているJan Garbarek(ヤン・ガルバレク)の77年作「Dis」では、アルバムの冥想的なサウンドを決定付けるほど印象的な効果をなしています。この編集盤のリリース元であるO. Gudmundsen Mindeは、Lars Mørch Finborud(ラーシュ・モルク・フィンボルド)とLasse Marhaug(ラッセ・マーハウグ)によって昨年新たに立ち上げられたレーベル。フィンボルドはヒップホップのアーティストとして90年代後期にキャリアをスタートさせ、過去10年間はPlastic Strip PressとPrisma Recordsを運営し、ノルウェー国営放送局NRK、ヘニーオンスタッド美術館、アルネ・ベンディクセン・スタジオなどのアーカイヴから、ジャズ、ソウル、プログレッシブ・ロック、アバンギャルド、電子音楽に及ぶ北欧音楽を発掘・紹介してきた名プロデューサー。方やマーハウグは、Jazkamerのメンバーとしても知られる重鎮ノイズ・インプロヴァイザー。「Dis」などのクレジットからこのような稀有な音源を深堀りするに至ったとみられますが、昨今のレアグルーヴ的探究とアンビエント・リスニングの相関を暗に示すような一枚にも感じられます。


This LP marks the first ever release of Sverre Larssen’s infamous wind harp recordings from the late 1970s -tonal long-form drone music akin to the works of Paul Panhuysen and Ellen Fullman. In the early 1970s the Norwegian businessman Sverre Larssen decided to construct a wind harp at his cabin at Sele, Jæren on the west coast of Norway. Using his free imagination and amateur engineering skills, Larssen constructed a harp with 12-strings, which was brought to vibrate by the wind. Based on the principle of the electrical guitar, Larssen amplified the strings using four contact microphones and then recorded the sounds direct to tape. Word about Sverre Larssen’s instrument began to spread and during the 1970s notable artists such as Liv Dommersnes, Åse-Marie Nesse, Ketil Bjørnstad, Kjell Bækkelund and Jan Garbarek utilized the sounds of Larssen’s wind harp. O. Gudmundsen Minde, in close collaboration with Sverre Larssen’s family, have unearthed the only remaining tapes, photos and interviews documenting the fabled wind harp. OGM is proud to present this important rediscovery in the canon of Norwegian experimental music.


...


 

2018年4月12日木曜日

[194] Sam Gendel - Pass If Music


Label: Leaving Records

Catalog#: LR131
Format: Cassette, Album
Country: US
Released: 2018
DISCOGS

A1 Anemone Swerve 2:23

A2 East LA Haze Dream 5:01
A3 Coffee Mainframe 3:35
A4 Trudge 3:27
A5 Drowning Interlude 1:11
B1 Hyena 3:19
B2 REV 1:18
B3 Final Chamber 4:48
B4 ZeroZero 3:49

RAでは「21世紀における第四世界」という特集が組まれ
、新しいアーティストのアルバムやミックス、NTSなどのラジオにも「Fourth World」というタグが広義の空想電化民族音楽を差すものとして添えられているように、「第四世界音楽」はアンビエント・ミュージックの歴史から独立したひとつのジャンルとして成立していて、近年はその思想・アートフォームの潜在的な影響力の強さを感じる機会がますます増えています。LAを拠点に活動するギター/サックス奏者Sam Gendel(サム・ゲンデル)が2月にリリースした「Pass If Music」は、まさにハッセル直系といえるハーモナイズされたアルト・サクソフォンの可能性を追求したアルバム。全身にまとわりつくような熱を発するサクソフォンの歪んだトーンと、アブストラクトな音像を広げるエフェクトやリズムループにより組み立てられたディープな音響ジャズ。異境の民族的香りに満ちていますが、アフリカや東南アジアの空想エスノというよりも、闇夜に忍び寄る異形の影、鬼火、百鬼夜行といった何故か日本の奇怪なイメージを掻き立てられます。レーベルによると、今年公開されるDaniel Oh監督による映画「The Labyrinth & The Long Road」にインスパイアされたとのこと。


It’s hard to tell on first listen, but the L.A.-based Gendel made every sound on his new album using his alto saxophone. “Pass If Music” is hardly a solo jazz album, though. Rather, the musician harnesses his horn in service of ambient tones and experimental works that reside outside genre distinctions. “East L.A. Haze Dream” floats like an amorphous cloud of vapor as Gendel layers gently blown notes with the occasional brief sax run. “Trudge” is a darkened mantra featuring lower-register hums and a minimal rhythm that marches with determination. In notes, the artist writes that it and the other eight pieces were inspired by the motion picture “The Labyrinth & the Long Road,” [directed by Daniel Oh] for which Gendel contributed the score, and that makes sense. It’s an atmospheric work that evokes its own brand of drama.” –Randall Roberts for the Los Angeles Times


...


 

2018年4月10日火曜日

[193] Bernard Baschet & Michel Deneuve - 4 Espaces Sonores


Label: Transversales Disques

Catalog#: TRS04
Format: Vinyl, LP, Album, Reissue
Country: France
Released: 2018 (1982)
DISCOGS

A Resurgence 27:00

B Errance 19:30
C Polykinese 20:25
D Iranon 19:08

The Baschet brothers are known worldwide as creators of Sound Sculptures, fantastic shapes of moulded metal and glass, which combine the visual arts with music. François Baschet had always been fascinated by acoustics, by the relationships between the shape and material of an intrument and the beauty of its sound. Bernard Baschet was passionately interested in contemporary music and firmly believed that such instruments were the proper tools for modern music, for they offered to the artist and performer a personal means of expression denied by electronic devices. Together the brothers began to design and produce Sound Sculptures, which could also be regarded as musical instruments. Circa 1965, Bernard worked alongside Pierre Schaeffer as a member of the GRM (Musical Research Group) on the elaboration of what was to become Schaeffer’s "Traité des objets musicaux" (Treatise on Musical Objects). The Baschet brothers also created structures and instruments of all sizes, including bell towers, windmills and fountains, using the natural elements of wind and water to make music. Bernard Baschet was especially proud of his pedagogical work amongst deprived and handicapped children, with the instrumentaium made up of fourteen pieces.


...



2018年4月3日火曜日

[192] Al Gromer Khan - Utopia


Label: Aquamarin Verlag

Catalog#: AQ 58028
Format: CD, Album
Country: Germany
Released: 1993
DISCOGS

1 Utopia 15:42

2 Denia 6:46
3 Numa 5:50
4 Cherry Blossom 5:44
5 Mikado 3:40

Ustad Vilayat Khan(ウスタッド・ヴィラヤット・カーン)のリサイタルに深い感化を受け、シタールの演奏・研究に一生を捧げる決心をしたというドイツ・フラウエンツェル生まれのシタール奏者Al Gromer Khan(アル・グローマー・カーン)。70年代初頭からPopol Vuh、Between、Deuterといったニューエイジ〜ワールド・ミュージックの草分け的グループ・作曲家の作品に参加。80年代には精力的にリーダー作品をレコーディングするようになり、現在まで毎年のようにアルバムをリリースし続けている多作家です。この「Utopia」は、単独名義ではおそらく13枚目。シタールを前面に押し出したものではなく、ピアノやエレクトロニクスに比重を置いた、「鏡面界」の系譜を継ぐ純然たるエーテル・アンビエント。霧でかすんだ湖のほとり、月の光に導かれて遠い記憶を彷徨うような、静的かつミステリアスなイメージが喚起されます。


...


2018年3月30日金曜日

[191] va Desert Rain


Label: Desert Rain

Catalog#: DRCD-001
Format: CD, Compilation
Country: Italy
Released: 1994
DISCOGS

1 Roberto Laneri - Estampie (Tradizionale) 5:16

2 Tito Rinesi - Nel Tempio Della Memoria 6:18
3 Luca Spagnoletti - Palermo 4:48
4 Costantino M. Albini - Mare Nostrum 5:08
5 Riccardo Giagni - Una Luce 9:16
6 Pierluigi Castellano - Sud 3 4:35
7 Diego Jascalevich - Venì 3:41
8 Tarab - Amira (Anan Al Shalabi) 4:14
9 Danilo Cherni - In Corpore 3:32
10 Raffaele Mallozzi - Vele Latine 5:25
11 Pino De Vita - Muamar 3:50
12 Maurizio Marsico - Il Sole Visto Dal Cielo 3:04
13 Tommaso Leddi - Algoritmo Ballabile 3:05
14 Maurizio Piazza - L'Homme 4:51

汎地中海音楽の伝統と現代音楽・ジャズを結び付ける新世代音響派を先導したローマのStile Liberoの精神を譲り受けるように、1994年にミラノ近郊都市モンツァで立ち上げられたレーベルDesert Rain。その第一弾タイトルとしてリリースされたコンピレーション・アルバム。参加した音楽家は、同レーベルから各々アルバムを発表したRaffaele Mallozzi(ラファエル・マロジ)、Tommaso Leddi(トマゾ・レッディ)、Pino Devita(ピノ・デヴィータ)、Maurizio Marsico(モリツォ・マルシオ)のほか、多種多様な民族楽器とエレクトロニクスを使い熟すマルチな才能と越境的感性を合わせ持つ全14名。全編素晴らしいですが、中でも特にシタールとギターを主調とする穏やかなサウンドで広大な海のイメージを描いたCostantino M. Albini(コスタンティーノ・M・アルビニ)、Stile Liberoの名作「Kaunis Maa」からさらに幽遠なサウンドへ踏み込んだRiccardo Giagni(リッカルド・ジアンニ)が秀逸です。リリースタイトルは全5枚。いずれも94年、ほぼ同時に発表されたものらしく、活動はごく短期間のうちに幕を閉じたとみられますが、全ての作品に配されたトリコローレ(イタリアの三色旗)と「Next Age Music」という理念にも、当時の国内の音楽シーンに清新な風を送ろうとする気概に溢れたレーベルだったことがうかがえます。もしその後も続いていたとしたら、同時代の潮流に呼応するエスノ・アンビエントの主要拠点になっていたのかもしれません。


...



2018年3月27日火曜日

[190] Quiet City ‎- Public Face, Private Face


Label: Koch Records

Catalog#: KOC-CD-8451
Format: CD, Album
Country: US
Released: 2002
DISCOGS

1 Pocket Juice 1:11

2 Due North 8:46
3 Knee-Jerk Reaction 2:22
4 Stones Of Time 6:04
5 Ticker Tape Welcome 2:32
6 Never Leave Me 6:29
7 Rude Dude 1:52
8 Ocean Deep 6:05
9 Goodnight, My Baby 4:18
10 The Dirty Dozen 1:50
11 Things We Should Say 7:57
12 Easier To Stay 6:46
13 7 Miles High 6:55

ロンドン王立音楽大学で初めてのティンパニ研究家であり、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団やロンドン交響楽団の首席奏者に就任するなど、現在までオーケストラの舞台で活躍している打楽器のマエストロ=ナイジェル・トーマス。ロック〜ポップ作品におけるスタジオ・ミュージシャンとしての実績も多岐にわたり、特にグラスゴーの至宝ブルー・ナイルにはファースト・アルバムの頃からセッションやライブに参加してきた、第4のメンバーといえる人物の一人です。そんなトーマスが作詞・作曲・編曲と全ての指揮を執り、ポップス界で長いキャリアを持つスタジオ・ミュージシャンや、ロンドン交響楽団、BBCビッグバンドの団員らをゲストに迎えて制作した、クワイエット・シティ名義の唯一のアルバムが本作。ブルー・ナイルのフロントマン=ポール・ブキャナンが2曲で参加していることでもそのファンに語り継がれる一作ですが、うち5曲ではトーマス自身がリードを執り、ブキャナンに引けを取らない歌声を披露しています。ブキャナンの枯れた味わいに比べると、トーマスの声質はスムースでウェット。両者のボーカルをフィーチャーした曲はストリングスを配したゴージャスなアレンジにより、ブルー・ナイルの世界観をダイレクトに継ぐロマンチックなサウンドとなっています。加えて、ブラス・セクションをフィーチャーした軽快なジャズ・ファンク〜ビッグバンド・インストが6曲。対比的なムードを持つボーカル曲とインスト曲がほぼ交互に配置され、深夜のアダルト・オリエンテッドなラジオを聴いているような一連の流れを形作っているのも印象的です。当時トーマスが、どのような経緯でこのアルバムを制作しようとしたのか──ブルー・ナイルの音楽性に憧れ、自身がその主役になりたかったのか、またはオーケストラ(パブリック・フェイス)とポップ(プライヴェート・フェイス)という2つのキャリアを融合させたかったのか──かつてのウェブサイト www.quiet-city.com が閉鎖されている今では詳しく知る術はありませんが、いずれにしても、このまま廃盤状態が続くには惜しい秀作です。


...



2018年3月23日金曜日

[189.1] reissue / archival

re-mastered and issued on vinyl for the first time
original cassette was released on SSS Production in 1988

issued on vinyl for the first time
feature reworks and unreleased additional track
original cassette was released on Hyades Arts in 1989

rare selection of eight unheard home recordings produced between 1995 and 1997

Inoyamaland - Collecting Net [ExT Recordings, Japan]
issued on CD for the first time
original soundtrack for theater performance, recorded in 1977

collection of 30 previously unreleased tracks from their archives

the first full-length collection of never-before-released pieces
composed for her choreography ranging from the early '60s to mid-80s

Max Eastley / Steve Beresford / Paul Burwell / David Toop - Whirled Music
[Black Truffle, Australia]
originally released on Toop’s own Quartz label in 1980


The Nightcrawlers - The Biophonic Boombox Recordings
[Anthology Recordings, US]
archival collection documenting their home recordings between 1980 and 1991


Cândido Lima - Oceanos [Grama, Portugal]
issued on vinyl for the first time
original CD was released on Portugalsom in 1992


Mogens Otto Nielsen ‎- Den Dynamiske Violin
[Institut for Dansk Lydarkæologi, Denmark]
originally released on Edition After Hand in 1977