2015年12月25日金曜日

[020.1] scenery #9



far

track list:
Mar-pa - Roma
Soichi Noriki - Kitchen: Mangetsu (Full Moon) 
Yoshio Suzuki - Touch Of Rain
Seraphim - Samba
Bun Itakura - Nichibotsu (Sunset)
Motohiko Hamase - Pascal Variant
Yuki Takao - Tsuki No Fune (Boat Of Moon)
Yuriko Nakamura - Monsoon

2015年12月15日火曜日

[020] Sea Organ


Label: Wonderfulsound
Catalog#: -
Format: Vinyl, LP, Album 
Country: UK
Released: 2015

1 Sea Organ

2 Solo
3 Mid Morning With Fishing Boat
4 The Pipes
5 On The Waterfront
6 Giant
7 Stirring And Snoozing
8 Up Close
9 The Conversation
10 Around Midnight
11 Mermaid

クロアチア、ダルマチア地方の小さな港街ザダルの海岸にある「シーオルガン」のフィールド・レコーディング作品。第二次世界大戦後の再開発で一面コンクリート護岸になり、地元の人々が寄り付かなくなってしまったという海岸環境を、リデザインするプロジェクトの一環として、2005年にクロアチア人建築家Nikola Bašić(ニコラ・バシッチ)により建造されたもの。今では地元の人達や観光客の憩いの場として親しまれているそうです。海に面した大理石の階段の下には、35本の調律されたポリエチレン製パイプが設けられ、波や潮力の加減でパイプの中を空気が通り、オルガンや笛のように「ボーボー」と音が鳴る仕掛け。気象条件や船の往来でさまざまに音色を変えるこの「波と風の音楽」を、英インディポップ・バンドThe Superimposersのライヴ・パフォーマンスとDJのために当地を訪ねたMiles Copeland(マイルス・コープランド)が録音。ロンドンのレーベルWonderfulsoundからCDとVinylでリリース。

The sounds perfectly preserved on this disc were recorded by Miles Copeland on a visit to Croatia whilst DJing and performing with his band The Superimposers at a music festival on the Adriatic Coast. A friend recommended he make the short journey to the city of Zadar and visit the Sea Organ. 
The Sea Organ turned out to be a 70 metre sound installation by architect Nikola Basic, conceived as part of a project to redesign the coast after the devastation Zadar suffered in World War 2. Open to the public in 2005, the Sea Organ is implanted into the marble steps of the harbour walls. It has 35 organ pipes, which are played by the pressure of the tidal waves lapping air through tuned tubes. The resulting sound wholly depends on the character of the sea affected by weather conditions or harbour traffic, whose ripples create random harmonics and musical chords. 7 successive groups of pipes are tuned to 2 musically cognate chords of the diatonic major scale. Tones and chords are played to create the music as heard on this recording. The end result is a totally random, occasionally aggressive and sometimes soothing performance, which is, of course, played constantly. Miles returned to the giant Sea Organ that weekend numerous times and made these recordings. - wonderfulsound


...


2015年12月11日金曜日

[019] WNYC New Sounds: Music by Moondog


ニューヨーク公共ラジオ局WNYCの音楽プログラム「New Sounds」。12月9日放送回は、1940年代末から奇態な風貌でニューヨーク6番街の路上に住み、クラシックやジャズ、ネイティヴ・アメリカン、街角のリズムから非凡な音楽を作曲した、盲目のミニマリストMoondog aka Louis Thomas Hardin(ルイス・トーマス・ハーディン)の特集。

Listen to music by the American composer Moondog, aka Louis Hardin, or "the Viking of 6th Avenue," who was also a musician, a poet and the inventor of several musical instruments (and was blind.) He adopted his nom de plume in honor of a dog "who used to howl at the moon more than any dog I knew of." Moondog performed daily in a cape and Viking helmet on the corner of 52nd Street and 6th Avenue in New York City, up until 1974, when he left for Germany. He died on September 8, 1999 at the age of 83 in Munster, Germany.  Also, hear Moondog's music as arranged by sax-men Sylvain Rifflet & Jon Irabagon, as well as reinterpretations of Moondog's music by the trio called Hobocombo for this New Sounds program. And more. PROGRAM #3634 Music of Moondog (First aired on 9/08/2014)


...



2015年12月7日月曜日

[018] Flat Static - Flat Static


Label: Ruff Records
Catalog#: RUFF 004
Format: Vinyl, LP, Album 
Country: Australia
Released: 2015
DISCOGS

A1 Static Whispers 4:07

A2 Princess 3:00
A3 Big 1:52
A4 Get Your Stinger Away From Me 4:08
B1 Drop Ya Dacks 2:51
B2 Heat Stroke 4:02
B3 Little Baby 2:19
B4 Wet Bum Bum 3:28
B5 Bail Out The Pig 4:51

Recorded at The Stomp Reservoir, Melbourne, 3057 january 1985. 


...


2015年12月6日日曜日

[017] va New Music 1978/79, 1980


Label: Innocent

Catalog#: NON-007, NON-008
Format: Vinyl, LP, Compilation
Country: Australia
Released: 1981

[New Music 1978/79]

A1 Essendon Airport - Beating Off 3:18
A2 Ernie Althoff - Kerosene replaced by Gas 3:10
A3 Paul Turner - Instrumentl Rationality part 1 3:21
A4 Chris Wyatt - Untitled 3:21
A5 John Crawford - Earthgods 3:08
A6 Plastic Platypus - Quivering Aethesia On The Downs 3:21
B1 Ron Nagorka - Sing Backgowln 3:57
B2 Tch Tch Tch - Oomgawa Wana Tuba Bibi 3:05
B3 David Chesworth - Control Room Piece 2:22
B4 Graeme Davis - Untitled 3:28
B5 David Tolley - What Did You Say? 3:09
B6 Institute For Dronal Anarchy - Free Vocal Trio for Hand Held Instruments 3:15
B7 The Dave and Phil Duo - D9 Divine 3:29

[New Music 1980]

A1 Warren Burt - Reloopse 3:08
A2 The Fouro - Biorhythms 3:38
A3 → ↑ → (Tch Tch Tch) - Various Levels 3:16
A4 L.I.M.E. - O Rose 3:11
A5 Laughing Hands - Tomorrow Morning 3:41
A6 Ad Hoc - Trace of Passage and Mirage 2:52
B1 Chris Wyatt - Untitled 3:45
B2 Essendon Airport - A Minor Problem 2:37
B3 K.G.B - Shining 3:00
B4 The Lunatic Fringe - Untitled 3:03
B5 David Chesworth - Themes and Variations 3:28
B6 The Dave and Phil Duo - Da Da Da Da Da Da 3:44
B7 Mark C. Pollard - Quinque 11 2:39

メルボルン大学修了後、カリフォルニア大学サンディ​​エゴ校で電子音楽を攻究した作曲家Ron Nagorcka(ロン・ナゴルツカ)が、アメリカ生まれの作曲家Warren Burt(ウォーレン・バート)と共に帰国後、メルボルン市内のオルガン工場内に立ち上げた、パフォーマンスのための総合活動拠点「クリフトン・ヒル・コミュニティ・ミュージック・センター(CHCMC)」。活動期間は76年から83年。現代音楽協会の内輪もめや派閥争いに巻き込まれたNagorckaの経験から、センターは「観客からのチャージは貰わない。機材は供給されない。広告は口コミと安い複写機を使う」「パフォーマンスのスタイルや内容に制限を設けない」「無秩序で運営される。コーディネーターは時間を割り当て、工場を開閉し、最小限の宣伝業務を振りわける」という3項目のルールに基づき運営されたといいます。
大小4つの空間に分けられた2階建ての建物は、音楽のみならず、ビデオインスタレーション、ダンス、絵画、ドラマ、パントマイムが複合したマルチメディア・パフォーミングアーツの発表の場となり、学生たちがお互いにフィードバックをやりとりしながら、様々なグループワークを形成。中古のおもちゃ楽器、自作楽器、ファウンド・オブジェクト、ポータブル・カセットレコーダーなど安物の機材が用いられ、創意に富んだ実験的試みが行われました。当初のコーディネーターはNagorcka。76年6月にBurtが引き継ぎ、78年1月からはDavid Chesworth(ディヴィッド・チェスワース)、82年から83年の解散までAndrew Preston(アンドリュー・プレストン)が担当。その中でも盛んにコンサート・シリーズを企画したChesworthは、80年にPhilip Brophy(フィリップ・ブロフィー)と共に、コンサートのレビューや作曲家たちへのインタビューからなる「New Music Magazine」を共同編集。全5巻の刊行されたマガジンと連動する形で、81年にInnocentから発表したコンピレーション・レコードが「New Music 1978/79」と「New Music 1980」。
センターの主要作曲家のソロをはじめ、中核グループであったEssendon AirportやTch Tch Tch、さらにPaul Schütze(ポール・シュッツェ)含むノイズ・インダストリアル・グループLaughing Handsや、Ros Bandt(ロス・バント)率いる即興グループL.I.M.E.といった重要作家の初期パフォーマンスまで、インディロック、電子音楽、サウンドアート、ポストミニマル、トイミュージックなど広範に及ぶ音楽性が交雑したポストパンク期の混沌たる隆盛振りと、作家たちのピュアなインディペンデント精神が刻まれた貴重なドキュメントです。

...




[related]

NMA 7 (NMA Publications, 1989)
edited by Rainer Linz
コンサート・シリーズに出演していたRainer Linz(ライナー・リンツ)とRichard Vella(リチャード・ヴェラ)の2人82年に立ち上げたカセット付きマガジン「NMA(New Music Articles。89年に刊行された7号では、サウンドアーティストErnie Althoff(アーニー・オルソフ)がセンターの設立から解散までに至る活動の流れを紹介。全10本の「NMA Tapes」は、2006年にClinton Green(クリントン・グリーン)主宰のShame File MusicによりCDRでリイシュー。現在はオーディオファイルとカバーアートがフリーダウンロードで公開されています。

2015年12月1日火曜日

[016.1] nov

11月のリスニングから
...

Dubby - Mitamine Lab Mix
listen
なんて深い世界なのだろうと。レコードショップOndasの店主Dubby氏が、メキシコシティ拠点のプロジェクトMitamine Labへ提供したゲストミックス。週に1度更新されるシリーズは、ミックス音源に絵画や彫刻、視覚詩など現代美術のイメージを組み合わせて紹介している。この幾何学的造形はブラジルの彫刻家/画家リジア・クラークの作品「ビチョ」(動物の意)の1つ。

Len Leise - Lingua Franca (International Feel Recordings, 2015)
「豊かな音楽文化があり、追いきれないほど良いプロデューサーたちで溢れている」と自身が語る、メルボルンを拠点に活動するDJ/プロデューサーLen Leise(レン・ライズ)。昨年末の「Music For Forests」を皮切りに、AficionadoからのEP、セルフリリース「Edits 001」「M of M Tape」と、いずれもアーシーな感触をもつ素晴らしい作品が続く。再びInternational Feelから、新たなミニアルバム・シリーズのキックオフとしてリリースされた今作は、モロッコ、スペインのリュクマホル、ロシアのレウトフ、インド、ブラジル、アフリカを巡る、実体験に基づく空想の紀行記。「リンガ・フランカ」とは、異なる母国語を持つ人同士がコミュニケーションをとるための共通言語のことだという。

Albrecht La'Brooy - Good Morning Passengers (Analogue Attic Recordings, 2014)
listen Mailing Road
市街地の喧噪を離れ、ダンデノン丘陵の森林へ向かう列車の旅全体で約21分と短いEPフォーマット。しかし、走行音や人々の会話を織り交ぜたアンビエンス、ダブ/音響的なディープハウスがノンストップで連なり鉄道周辺に住む人々の日常風景や、多文化が共存する都市の表情を映すシネマチックな構成に、収録時間以上の広がりを覚えた。Albrecht La'Brooy(アルブレヒト・ラブロイ)はAlex AlbrechtとSean La'Brooy、2人のプロデューサー/DJからなるユニット。メルボルンのレーベルAnalogue Atticのファーストタイトルで、続くRings Around Saturn「Erosion」も本作同様に素晴らしい。

Maia Ibar - When You Close Your Eyes / And I See (Perfect Wave, 2015)
listen And I See
故郷バスクとブルックリンを往復し、ドローイング、実験映画、インスタレーションを創作しているMaia Ibar(マイア・イバル)。サイケデリックポップ・バンドTeen(アルバムのミックスはSonic Boom)や兄たちと結成したDual Splitでは、ヴォーカルとドラムを担当し、サウンドとビジュアルの両方でマルチな活動を展開する彼女が、パーソナルな内面性を音で描いたソロ名義のカセット。川のように流れるエレクトロニクス、シンギングボウルやベル、チャイムの煌めき、自らの声を重ねたコーラス/チャントで、空間を夢心地で満たしてゆく。Perfect Waveはブルックリンを拠点とするレーベルで、ジンの最新号ではPauline Oliveros、Laraaji、Iasosといった先達を取り上げている。

Nuron / Fugue (Likemind, 1994)
listen In Motion
Nurmad Jusatが立ち上げたLikemind(「同じ志を持つ者」という意)は、UKデトロイト・フォロワー筆頭のStasis(Steve Pickton)、As One/Elegy(Kirk Degiorgio)、Redcell(Michael Golding & Steve Rutter)といったインテリジェンス/ピュア・テクノの象徴たるプロデューサーが集い、93年から96年の短い間に4タイトルの12" EPをリリースした。「LM-02」はJusatがニューロンとフューグという異なる名義で各面をスプリット。光の乱反射で霞んだ夜空に辛うじて見える星々と、飛行機の舷灯や障害灯、道路灯を都市の星座に見立てるプラネタリアの音楽