2013年5月23日木曜日

[re:270] Salut - Aerial Tales


Label: Sound Design Records - SHI-ZEN label

Catalog#: 1342-86(28SD)
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Japan
Released: 1986
DISCOGS

A1 Sight In Light 4:08

A2 Photographs Of People Talking 3:43
A3 Whispering Gallery 3:05
A4 The One Note Man 3:19
A5 Skin Games 2:12
A6 A Good Short Story 4:36
B1 Fine Day 2:49
B2 Ropedancer 3:33
B3 A Life On The Venus 4:53
B4 Prelude Of Words 3:34
B5 Everybody Life 4:26
recording notes


ギター担当の吉澤択成と、鍵盤担当の村山隆一の楽曲を基に編成された器楽アンサンブルSalut。唯一の作品「Aerial Tales」は、Windham Hill以降の風景音楽に「和」のエッセンスの融合を志向したサウンドデザイン・レコード内のSHI-ZEN labelより発表。オカリナ奏者の宗次郎をはじめ、柴田敬一や熱田公紀の叙情派ピアノソロが、現在もヒーリング系音楽の定番としてデータ配信されている同レーベルの作品の中でも、古い絵本や絵葉書のように懐かしい記憶を喚起させるSalutのナチュラルなサウンドは、濱瀬元彦のミニマル名盤2タイトル「ReminiscenceIntaglio」(一部の曲はAnecdote」に収録)とあわせて特に再発が望まれるものです。アルバムのカラーを印象づけるヴァイオリンを担当した武藤祐生/mwto hirooは、映像ソフト向けにアンビエント路線のサウンドトラックを手掛け、Seraphim名義では無印良品の店舗用BGMを制作(「MUJI BGM 1980-2000」に収録)。水の組曲 '水によるエピソード' を収録したソロ作「After the Oblong Evening」も秀作です。


濱瀬元彦 - Reminiscence

 熱田公紀 - Childfood's Memory

 柴田敬一 - Wind Echo