2014年8月30日土曜日

[907] AOKI,hayato - equivalent


Label: grainfield
Catalog#: gfcd08
Format: CD, Album
Country: Japan
Released: 2014
DISCOGS

01 equivalent 130723 n1 4:44

02 equivalent 130723 n2 3:56
03 equivalent 130724 n1 3:36
04 equivalent 130724 n2 5:12
05 equivalent 130724 n3 3:51
06 equivalent 130729 5:36
07 equivalent 130730 3:40
08 equivalent 130801 4:43
09 equivalent 130809 4:26
10 equivalent 130810 4:15
11 equivalent 130814 n1 4:07
12 equivalent 130814 n2 3:37
listen #4

何年も住み続けた家は、ずっと手をつけていない生活品や、大切だが読まなくなってしまった古い本が積み重なり、気にしつつもなかなか整理できず、日に日に狭い家だと感じるようになった。そろそろ引越をと考えはじめ、押し入れの奥に眠っていた不要なものを手放し、家具の裏側につもった綿のような埃を払う。片付けを終えて見えたのは、住みはじめた当時の何もない部屋、うっすらと生活の跡が残る誰もいない空間。その素のあり様に、住もうと決めた「新しかった」時の記憶が喚び起こされて、次に住む、もっと広い家を決めたばかりなのに、名残惜しい、でもまた先へ向かっていこうという気持ちが湧いてきた

equivalent」(イクイヴァレント)は、2013年夏に4トラックのカセットMTRを使って録音された、12調の静かなエレクトリックギター・ソロ。作者は、一日の始まりの時間を共有する「朝の音楽と朝食の会」や、画家・藤川孝之とのセッションなど、ある日ある場所のドキュメントとなる作品を発表し、各地のギャラリーやお店での演奏を続けている東京在住の音楽家・青木隼人。各曲のタイトルは録音された日付をあらわしています。かつてないほどラフな触りで、飾り気なく、しかし揺るぎのない音。そこに重なったのは、誰もいなくなった部屋の静けさ、ものや人の光・影の跡、引越前の情感やイメージでした。表紙のドローイングも、柱や壁に残された「名残」のよう。

...

buy/listen sample
雨と休日 オンラインショップ
Ame to Kyujitsu (Tokyo, Nishiogi)
quiet, slow & gentle music for ordinary day