2015年2月18日水曜日

[967] Laurence Crane - Chamber Works (1992-2009)


Label: Another Timbre
Catalog#: at74x2
Format: CD, Album 
Country: UK
Released: 2014
DISCOGS  BUY

disk 1

1 Sparling 5:37
2 Trio 5:50
3 Raimondas Rumsas 5:49
4 See Our Lake I 2:55
5 See Our Lake II 3:28
6 Sparling 5:21
7 Riis 10:12
8 Bobby J 8:24
9 Sparling 2000 6:15
10 Estonia I 3:57
11 Estonia II 3:41
12 Estonia III 4:27

disk 2

1 Seven Short Pieces I 1:35
2 Seven Short Pieces II 1:12
3 Seven Short Pieces III 1:22
4 Seven Short Pieces IV 1:27
5 Seven Short Pieces V 1:20
6 Seven Short Pieces VI 1:56
7 Seven Short Pieces VII 1:50
8 Piano Piece no.23 'Ethiopian D 21:51
9 Four Miniatures I 1:36
10 Four Miniatures II 2:26
11 Four Miniatures III 1:13
12 Four Miniatures IV 2:56
13 Come back to the old specimen 11:14
14 John White in Berlin 13:29


シェフィールドに拠点を置く現代音楽レーベルAnother Timbreから昨年リリースされた、Laurence Crane(ローレンス・クレーン)の室内楽集。1961年オックスフォード生まれ。ノッティンガム大学でPeter NelsonとNigel Osborneに作曲を師事。現在までロンドンを拠点にテレビ、劇場、コンサートホールのための音楽を作曲。インスピレーションの源泉としてサティやフェルドマン、スケンプトンといった作曲家の名を挙げていますが、イギリス実験音楽の古格を示すような「簡素」な語法による作曲が持ち味となっており、空白や余韻が悠然とレイアウトされつつも、穏やかで親しみを感じさせる雰囲気。このクレーンの音楽がもつ妙味をデリケートなタッチで表現しているのは、練達のチェリストAnton Lukoszevieze(アントン・ルコシェヴィエーヴ)率いるアンサンブルApartment House(アパートメント・ハウス)。時系列順ではない選曲構成も素晴らしく、特に3つの "Sparling" が他曲との間に組み込まれ、エレクトリック・オルガンによる満つなドローン "Riis" を中間に配した、なだらかな丘陵地形のようなディスク1の流れに、最後まで途絶えることなく引き込まれていきます。

...



[related]

SinfiniMusic: Cellist Oliver Coates performs 'Raimondas Rumsas' by Laurence Crane


'Riis' Composed in 1996. New arrangement in 2013 by Håkon Stene.

'Octet' Composed in 2008. Performed by Plus-Minus Ensemble at Kings Place, London on 21 February 2011
'Prelude for HS' (excerpt) Performed by Håkon Stene.
'The Swim' Composed in 1992. Performed by Michael Bonaventure in 2008.