2016年7月11日月曜日

[061] Not Drowning, Waving - Another Pond


Label: Rampant Releases
Catalog#: RR010
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Australia
Released: 1984
DISCOGS

A1 Making A Desert (And Calling It Peace)

A2 Hunting For Nuggets
A3 Dare Not Say A Word
A4 Frogs
A5 Walk Tired
A6 John Wayne Visits Port Augusta
A7 Hibakusha
A8 Once Like This
B1 Water Drops
B2 Home On My Own
B3 Mr Suharto Man
B4 Storm
B5 Another Pond
B6 Oliver Le Strange
B7 The Cheshire Cat

ヴォーカリストDavid BridieとギタリストJohn Phillipsにより83年に結成されたメルボルンのロック・グループNot Drowning, Waving(ノット・ドラウニング・ウェイビング)。「手を振っていたんじゃない、溺れていたんだ」というグループ名は、イギリスの詩人Stevie Smithの詩から引用されています。ベーシストRowan McKinnonを加えた3人+ドラムマシンを使って録音したEP「Moving Around」で84年にデビュー。別プロジェクトEasterからRussel Bradleyがドラム、James Southallがパーカッション、Tim Coleがエンジニア/プロデューサーとして合流し、EPに続いてリリースされたファーストアルバムが本作「Another Pond」。
UKポストパンクからの影響を思わせる尖ったギターと、ピアノやチェロのアンサンブルにのせたヴォーカル曲。その間に、シンセやエフェクト、蛙・鳥の鳴き声、風景音を織り交ぜたインスト曲が挿入される構成。川のせせらぎと物悲しげなピアノが重なるエンディングに至るまで、悲哀・孤独感・疲労感といった鬱々とした感情を自然風景に投影した、センシティヴな心象世界をアンビエントなサウンドで描き出しています。本作以降、グループは民族音楽の要素を取り入れ、パプアニューギニアのシンガーGeorge Telekをフィーチャーした90年作「Tabaran」では、ワールド・ミュージック的なアプローチを前面に打ち出しヒットを記録。ARIAミュージック・アワードのベスト・インディペンデント・リリース賞に選ばれるなど、オルタナティヴ・シーンにおける大きな存在に成長するも94年に解散。中心メンバーのBridieは、サイドプロジェクトであったチェンバー・ポップ・グループMy Friend The Chocolate Cakeを率いて現在まで活動を続けています。

... 



[related]

Not Drowning, Waving and The Musicians Of Rabaul, Papua New Guinea feat. Telek - Tabaran (WEA, 1990)

va Ambience (ABC Records, 1987)