2017年9月26日火曜日

[151] Gabor G. Kristof - Le Cri Du Lezard


Label: Crammed Discs

Series: Made To Measure
Catalog#: MTM 25 CD
Format: CD, Album
Country: Belgium
Released: 1990
DISCOGS

1 Dans Le Ciel 2:14

2 Generique 1:43
3 Ardeche 106 3:36
4 Mouche 1:17
5 A l'Hotel 1:54
6 Ballade De l'Estafette 1:28
7 Trio 2:04
8 Raton Gai 3:10
9 Accordeon Russe 0:42
10 L'Arbre Couche 2:04
11 Sirenes 2:58
12 Dans La Maison 1:44
13 C-Ray 1:49
14 Quatuor 2:00
15 Radio-Cassette 0:30
16 Mere Lucas 0:34
17 Classylon 1:08
18 Generique De Fin 5:04
19 Folie 5:11

「オーダーメイドされた」を意味するMade To Masureは、Crammed DiscsのオーナーMarc Hollander(マーク・ホランダー)により、映画・演劇・舞踊などのイラストレーションとして「書かれていたかもしれない」音楽を想定した、つまり架空のサウンドトラックのために立ち上げられたシリーズ。84年から90年代半ばにかけて37タイトル、2006年の再始動後を含め現在まで43ものタイトルがリリースされました。初期の作品のスリーヴには「Made To Masure To ~」と、制作の意図が一種のゲームのように付記されていて、実際に映画のサウンドトラックとして書かれたものもあれば、架空の写真小説のための音楽を装ったものもあり。耳で聴くアートブックとして、またはCrammedのライブラリーミュージックとしての側面も持ち合せていたようです。1990年9月にシリーズ25作目としてリリースされた本作「Le Cri Du Lezard」は、Jean-Luc Godardの映画で助監督を務めていたBertrand Theubet監督によるフランス・スイス合作映画のためのサウンドトラック。作者のGabor G. Kristof(ガーボル・G・クリストフ)は、同レーベルではNadjma「Rapture in Baghdad」に全面的に参加、古くは70年代初めからスタジオミュージシャンとしてジャズ〜ディスコ作品のレコーディングに関わってきたハンガリー出身スイス・ジュネーヴ在住の作曲家/ギタリスト。彼の素朴なギターワークを基調にしたテーマ曲から、同じモチーフをピアノやシンセ、アコーディオン、トイピアノでアレンジした派生的な曲、古いフランス映画音楽〜ニューウェイヴ風まで、耽美趣味とブルージーな哀愁が入り混じる19の小品が収められています。今年Yasuaki Shimizu「Music For Commercials」のリプレスが注目を集めているこのシリーズの中ではやや地味な作風ですが、David Cunningham「Water」と並び、特に好きな一作です。


Music from the soundtrack of a film by Bertrand Theubet, an ex-assistant of Jean-Luc Godard. This is very atmospheric music, largely based on blues-tinged pieces for acoustic guitar and synthesizers, while several tracks are reminiscent of classic-era French film scores. Composed and performed by Gabor G. Kristof, an expatriate Hungarian who lives in Geneva, and whose previous involvement with Crammed was "Rapture in Baghdad (the amorous dreams of a captive princess)", a mini-album by Iraqi singer Nadjma which featured remixes by Adrian Sherwood.


...