2014年10月1日水曜日

[924] John Oswald - Kissing Jesus In The Dark


Label: Mystery Tape Laboratory
Catalog#: -
Format: Cassette, Album
Country: Canada
Released: 1983
DISCOGS  OFFICIAL

A Kissing Jesus In The Dark

B1 Funky X
B2 Color Breathing

トロントの美術拠点Music Gallery周辺で、Henry Kaiserや近藤等則らフリー・インプロバイザーと演奏活動を繰り広げた、サキソフォニスト/作曲家John Oswald(ジョン・オズワルド)が、80年代に入り、既成のポピュラー音楽やラジオ番組などのサンプリング/コラージュを駆使して生み出したバンダリックなアートフォーム「Plunderphonics」。高速ザッピング、答える間もないイントロ・クイズのように、次々現れる(最短で0.2秒以下という)ヒットチャート・ミュージックの断片。ときに原曲に泥を塗るような悪意に満ちた作風で、代表作品「Plexure」ではMichael Jacksonに著作権侵害で訴えられたことも知られていますが、その創作行為自体、著作権のボーダーラインや音楽消費の問題を露呈させる意図があったようです。「Kissing Jesus In The Dark」は、Oswaldの研究所Mystery Tape Laboratoryより1983年に発表したカセット作品で、主にブラック・コンテンポラリーなどラジオ音源をサンプリング。ハイライトは#eccojams(Daniel Lopatin)や#vaporwave(現在はよりフューチュアリスティックで複雑なフェーズに移行)の原型にも聞こえる "Funky X - kj13"、アブストラクトなドローン〜スクリュー〜虫の音サウンドスケープへ連なるアンビエント・コラージュ "Color Breathing - kj29 - kj32" 。





...
今年8月には、アメリカ西海岸のモンスター・バンドGrateful Deadによる "Dark Star" の膨大なライブ音源をOswaldがコラージュ/ミックスした94年作品「Grayfolded」が、Important Recordsより3LPで再発。




[related links]

John Oswald's Mystery Tapes
John Oswald - Plunderphonic (1989)
The Justified Ancients of Mummu (JAMs) - What the Fuck Is Going On? (1987)
Rutherford Chang - We Buy White Albums (2013-)
Vintage Cassettes from the Canadian Fringe